『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】知ってると便利!スレッド機能の使い方まとめ

【Twitter】知ってると便利!スレッド機能の使い方まとめ

Twitterは、140字以内の短文を投稿しながらユーザーとコミュニケーションを交わすSNSで、個人ユーザーはもとより、ビジネス目的で活用する企業も増えています。

しかし、言いたいことがあまりにも多い場合、1ツイートでは足りないことがありますよね。そんなときに活用できるのがスレッド機能です。

スレッド機能とはどんな機能でしょうか。どのように使用するのでしょうか。この記事で詳しく解説します。

【Twitter】スレッド機能とは?

Twitterには1ツイート140字までという制限があり、その文字数の中で自分の考えや意見を投稿しますが、140字では伝えきれないことも多々あります。

そんな時、続けて別のツイートを投稿しても、読み手には2つの別々のツイートに見えてしまいます。よほどツイート内容をじっくり読む人でもないかぎり、前後の流れを把握してもらうのは難しいかもしれません。

投稿されたツイートに続くツイートを一目で「続き」とわかるように繋げられたら、どんなに見やすくなることでしょう。

そんなユーザーの需要を満たすために登場したのが、スレッド機能です。

ツイートをまとめて投稿できる機能

Twitterのスレッド機能の「スレッド」は、英語の「Thread=繊維を束ねた糸」に由来します。コンピューター用語で「Thread」が用いられる時は、発言やそれに対するコメントから構成される一連のメッセージ群という意味合いになります。

Twitterで用いられる場合、「Thread(スレッド)」は、同じユーザーが投稿する関連性のあるツイートを繋げられる機能のことになります。

情報を追加したいときに便利

Twitterのスレッド機能の最大の魅力は、複数のツイートを一つのストーリーとしてまとめて投稿できることです。

例えば、個別のツイートを連投すると、タイムラインで他のツイートに紛れ込んでしまい、ちぐはぐな印象になってしまいがちです。

しかし、スレッド機能を使って個別のツイートをつなぎ合わせれば、一つのツイートにぶら下がっている一連の投稿であることがすぐに分かります。スレッドで繋げているため、最後の投稿まで読んでみたい!と思った閲覧者は本のページをめくるように簡単に次のツイートに進むことができます。

【Twitter】スレッドの使い方(基本編)

ここからは、具体的にスレッド機能をどのように使うのかを解説していきます。まずは基本編です。

スレッドを作る方法

Twitterを開き、「羽+」で表示されている「ツイート」ボタンをクリックしましょう。

ツイート

ツイート作成画面になります。書き終わったら、画面右下にある「+」をクリックします。

ツイート作成

スレッドが作られます。

スレッド作成

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。