『かわいい』が生まれる場所。

【リマインダーとは】友達との約束を忘れない便利機能!使い方は?

【リマインダーとは】友達との約束を忘れない便利機能!使い方は?

「リマインダー」とは、iPhoneなどのApple製品に入っている、タスクや予定などをリスト化して管理できるアプリです。

アプリ自体の仕組みがとてもシンプルで分かりやすいだけでなく、通知や共有などの機能も付いているので、幅広い使い方ができるとあって、活用している人も多いようです。

今回は、リマインダーについて知ると共に、主な使い方やメリット・デメリットなどを紹介します。

リマインダーとはなに?メリットは?

リマインダーとはどのようなアプリでどのような機能が入っているのか、またそのメリットについてもチェックしていきましょう。

【iPhone・Apple Watch】そもそもリマインダーとは?

一言で言うとタスクやリストの管理アプリのことです。

管理したいものをリスト化することでとても見やすく、とても使いやすいアプリです。

タスクリストや買い物リストなど、使い方は人それぞれ。

項目の左側にはチェックマークを入れられるので、完了・未完了も一目で分かってスマートに管理できます。

リマインダー

予定を忘れるのを防げる

最大のメリットは、タスクや予定を忘れないこと。

やるべきことや予定をリストにして可視化するだけでも、忘れるのを防ぐには十分効果があるでしょう。

しかし、それに加えて「指定日通知」や「繰り返し機能」などを使って、通知が来るように細かく設定すれば、さらに防止効果が高まるはずです。

リスト自体は複数作れ、さらには「サブタスク」も作成可能。

例えば、スーパーと薬局で買い物をするときには、「買い物」というグループに「スーパー」「薬局」のサブタスクを作れば、それぞれの場所で買うべきものをリストにできます。

サブタスクを作成するときは、「新規」をタップして新しいリマインダーを作成して「i」をタップします。

サブタスク

「リスト」をタップします。

サブタスク

好きなリストを選択したらサブタスクが作成されます。

ト

【iPhone】予定を場所でお知らせ!友達と予定を共有!

リスト化して管理するだけでなく、予定やタスクを場所でお知らせしてくれる機能も入っています。

特定の場所で行うタスクに場所の情報を追加すれば、その場所に着くと通知してくれるのです。

これは、リマインダーと位置情報機能を連携させることで可能になります。

また、リストを友達と共有することも可能です。

共有してリストやスケジュールを管理すれば、より物事を忘れずに済むでしょう。

【Apple Watch】Siriで気軽に登録!

Apple Watchを利用しているならば、Siriで簡単に登録ができます。

「Hey Siri」と話してから「〇〇をリマインダーに追加」などと言えば、自動的にリストとして登録されます。入力の手間が省けるため、かなりスムーズです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。