『かわいい』が生まれる場所。

【iPhoneを探す】相手にバレるかも!通知されない方法とは?

【iPhoneを探す】相手にバレるかも!通知されない方法とは?

iPhoneでお馴染みの機能と言えば、「iPhoneを探す」かもしれません。

大切なiPhoneを置き忘れてなくしたり、誰かに盗まれたりしたときに、「iPhoneを探す」機能があれば、追跡捜査や遠隔操作ができるのでとても便利です。

しかし、「iPhoneを探す」機能をあまり歓迎していないユーザーもいるようです。

その理由は、「iPhoneを探す」機能のせいで、自分の居場所が分かってしまうからです。

実際、「iPhoneを探す」機能を使うと相手にバレてしまうのでしょうか。

この記事で解説していきます。

「iPhoneを探す」について紹介!使うと誰かにバレる?

iPhoneやAndroidは、今では生活に欠かせないアイテムとなっています。

大切なアイテムだからこそ、落としたり紛失したりしないように心がけていますが、もしもの事態を完全に防ぐのは難しいことです。

そうしたユーザーの不安を取り除くために、iPhoneに搭載されているのが「iPhoneを探す」機能です。

「iPhoneを探す」で使える機能

iPhoneに搭載されている「iPhoneを探す」機能とは、そもそもどんな機能なのでしょうか。

以下に「iPhoneを探す」機能で行えることをまとめます。

POINT

  • GPSによるiPhoneの現在地を追跡する
  • 紛失したiPhoneを第三者が使えないようにリモートコントロールでロックする
  • リモートコントロールでiPhoneを初期化する
  • サウンドを鳴らし端末の場所を教える
  • 紛失したiPhoneに電話をかけて発見者と連絡を取る
  • 紛失した事実をiPhoneのディスプレイに表示させる

「iPhoneを探す」を使うための設定方法

では、「iPhoneを探す」を利用するためには、どんな準備が必要でしょうか。

これから「iPhoneを探す」を利用するための準備方法を解説します。

ホーム画面の「設定」アプリを開きましょう。

設定

表示されているメニューの中から「アカウント」を選択しましょう。

アカウント

表示されている項目の中から「探す」を選択しましょう。

探す

「iPhoneを探す」をタップします。

iPhoneを探す

「iPhoneを探す」が「ON」になっているか確認しましょう。

iPhoneを探す

「iPhoneを探す」の通知とは?

「iPhoneを探す」の設定をiPhoneで行いました。

では「iPhoneを探す」機能を使って、どのようにiPhoneを探すのでしょうか。

iPhoneを探すためには、ブラウザから「iCloud」にアクセスする必要があります。

iCloudへサインイン

iCloudにサインインをして、「iPhoneを探す」アイコンを選択すると、iPhoneの現在地を表示してくれます。

iCloudにサインインする際に、iPhone、またiPadに通知が届きます。

これが「iPhoneを探す」の通知です。

通知

「iPhoneを探す」を使うと通知が来るのはなぜ?

ここで重要なのは、「iPhoneを探す」機能を使ったから、通知が来たわけではないと言うことです。

通知が来たのは、自分が「iPhoneを探す」の機能を使ってiPhoneを探すために、ブラウザの「iCloud」にApple IDとパスワードを使ってサインインしようとしたためです。

セキュリティ上、本人ではない第三者が、勝手に自分のApple IDとパスワードを使ってiPhoneを操作しないようにするためと言えばわかりやすいでしょうか。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。