『かわいい』が生まれる場所。

プライムビデオは家族も利用できる!共有するときはここに注意して!

プライムビデオは家族も利用できる!共有するときはここに注意して!

今回はAmazonが提供している動画配信サービス、「プライムビデオ(Prime Video)」に焦点を当てながら特集を進めていきます。

Prime Videoを同じ家に住む家族で利用する場合、それぞれが個別に登録するのは会費がもったいないですよね。

実はAmazonのPrime Videoは家族のうち一人が契約していれば、ある手続きをするだけで簡単に家族で同じサービスを利用することができるんです!

せっかくであれば身内と一緒にお得にサービスを利用したいですよね。そんなときはこちらをご覧ください。Prime会員と家族会員の比較についても記載しますよ!登録方法に加えて、共有の際の注意点についても併せて解説します。

Amazonプライムビデオの特典を家族で使おう!

家族1人1人がそれぞれPrime Videoに登録するとなると、少しもったいない気がしませんか?Prime Videoなら、同じ家に住む家族で一緒にサービスを楽しむことが可能です!

さて、家族を追加して利用すると、どのような特典が得られるのでしょうか?家族追加の概要と、共有できる内容についての紹介を以下で記載します。

Amazonプライムビデオには「家族会員」がある!

AmazonのPrime Videoには、家族でサービスを共有するために用意されている会員資格があり、これを「家族会員」と呼んでいます。Prime Videoのサービスを家族とシェアすることができる一方で、通常のPrime会員の資格とは少し差別化がなされています。

具体的な違いについては後ほどまとめておきますのでそちらをチェックしてくださいね。

家族会員として利用を開始すれば、新しく会員登録をする必要はありません。そのままメンバーを追加するだけで、特典内容を視聴できるような仕組みになっています。

家族で共有可能な特典は?

次に、家族でシェアできるPrimeの内容について紹介します。AmazonのPrime Videoを利用するためには、代表者がPrimeの会員であることが必須条件です。ビデオの他にAmazonが提供しているサービスを共有できますので、よりお得に利用できます。

例えば、商品を購入した際のお急ぎ便がタダになったり、配送スケジュールを自由に決定できたりします。この他にもお得なキャンペーンを利用できるなど、たくさんの内容を共有することが可能です。

特にAmazonで買い物をする機会が多い家庭なら、お急ぎ便がタダになってくれるのは嬉しいポイントですよね。

ただし、1人それぞれがPrimeの会員として使用する場合と、特典をシェアする場合ではもちろん内容が異なります。すべての特典を受けたいのであれば1人ずつ本人が会員メンバーとして登録する必要があるというわけです。

Amazonプライム会員と家族会員の違い

ではAmazonのPrime会員として登録した際と、代表者の情報を利用して家族として利用する家族会員とのサービス内容の違いは、どのようなものなのでしょうか?こちらでは、両者の特典の違いについて紹介します。

それぞれの内容を比較できるように、表にまとめましたので参考までにチェックしてください。家族会員については個人の本会員に比べると、ある程度制限が設定されているケースが多くあります。

プライム会員 家族会員
お急ぎ便無料 お急ぎ便無料
日付指定無料 日付指定無料
タイムセール利用可 タイムセール利用可
プライムビデオ利用可 家族登録でプライムビデオ可
ミュージック利用可 ファミリー登録でミュージック可
4900円/年 無料

大きな違いは会員になるための費用です。家族会員ですと基本的に料金が追加で発生することはありません。つまり身内であれば気軽にすぐ利用できるということになります。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。