スマホで見つける、もっと可愛い私

Amazonでキャンセルができない!そんなときの対処方法はこれ!

Amazonでキャンセルができない!そんなときの対処方法はこれ!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

有料音楽やアプリはキャンセル・返品できない!

Amazonといえば通信販売のイメージが強いですが、購入できる物は非常に多岐に渡ります。その中でも、有料音楽やアプリといったサービスの購入はキャンセルできません。

購入前によくチェックして、目的とは別の音楽やアプリを間違って購入しないようにしましょう。

【Amazon】キャンセルできないときの対処方法

キャンセルできなくても、簡単に諦めてはいけません。原因にもよりますが、まだキャンセルする手段が残っている可能性があります。

ここからは、注文をキャンセルできないときの対処法を解説。商品の配達方法などに応じて、状況に合った方法でキャンセルしましょう。

カスタマーセンターに問い合わせる

どうしてもキャンセルしたいなら、カスタマーセンターに相談してみましょう。先ほど紹介したケースに当てはまっていても、事情を説明すればキャンセルしてもらえることがあるようです。

ただ必ずキャンセルしてもらえるというわけではないので、気をつけましょう。

受け取り拒否をする

商品の発送後も、商品の受け取りを拒否すればキャンセルできます。届けてくれた配達員に直接受け取り拒否の旨を伝えましょう。

配達員の負担を減らす意味でも、事前に電話で伝えておくと親切でしょう。配達される時間に家にいない場合も、事前に連絡しておけば安心です。

コンビニ支払いをしない(前払いを選んだ場合)

Amazonでは、代金をコンビニで前払いできます。しかし、この支払い方法を選んだ場合の支払い期限は、支払い番号の発行から6日。これを過ぎると自動的に注文はキャンセルされます。

そのため、前払いを選んでいた場合、コンビニでの支払いをしないまま期限まで待てば注文をキャンセルできるのです。支払い番号の案内メールをチェックして、期限を確認してみましょう。

受け取りに行かない(コンビニ受け取りの場合)

Amazonで買った商品は、自宅に届けてもらうだけでなく、コンビニで受け取ることも可能です。時間を気にせず、仕事帰りなどに気軽に受け取れるので、便利ですよね。

コンビニでの受取期間は到着メールが届いた日を含めて7日間なので、その期間を過ぎれば返品され、注文もキャンセルされます。受け取り方法をコンビニ受取に設定していた場合は、商品を受け取らずに受取期間が終わるまで待ちましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。