『かわいい』が生まれる場所。

【これで解決!】「iPhoneは使用できません」の対処法まとめ

【これで解決!】「iPhoneは使用できません」の対処法まとめ

iPhoneを勝手に操作されたり、データを見られたりするのを防ぐために、パスコードやFace IDなどでロックをかけている人は多いと思います。

しかし、ロックの解除に何度も失敗してしまうと「iPhoneは使用できません」と表示されて操作できなくなることがあります。

では、このメッセージが表示された場合、一体どのように対処すればいいのでしょうか?

今回は、「iPhoneは使用できません」と表示された時の対処法を紹介していきます。

「iPhoneは使用できません」とはどんな状態?

まずは、このエラーメッセージがなぜ表示されるのか、表示されるとどうなってしまうのか詳しく解説していきます!

スマホが操作できなくなる状態

スマホが操作できなくなる状態

「iPhoneは使用できません」というメッセージは、iPhoneのロックを解除するためのパスコードを一定回数連続で間違えた時に表示されます。

このメッセージが表示されると、一定時間ロックが解除できなくなるため、iPhoneを操作できなくなってしまいます。

ホームボタンを押したり、画面をスワイプさせたりしても反応してくれません。

ただし、ロック画面に表示されている「緊急」をタップすれば、iPhoneが使用できない状態でも電話をかけることができます。

「緊急」をタップすれば電話をかけられる

なお、入力ミスの回数が増えるたびに解除されるまでの時間が長くなります。

入力ミスの回数 時間
6回 1分間
7回 5分間
8回 15分間
9回 60分間
10回 60分間

連続で11回間違えるとスマホが使えなくなる

パスコードを連続で6回以上間違えるとエラーメッセージが表示され、一定時間緊急電話以外の操作ができなくなります。

ですが、10回以内なら、表示された時間が経過するまで待てば再び操作できるようになります。

そこで正しいパスコードを入力すればロックを解除できます。

ただし、連続で11回入力を間違えてしまった場合、初期化しない限り操作不可能な状態が永久に続きます。

iPhoneを使用可能な状態に戻すには、以下のいずれかの方法でiPhoneを初期化しなければなりません。

  • 「iPhoneを探す」で初期化する
  • iTunesのリカバリーモードで初期化する

このエラーメッセージが表示されている間は電話以外の操作ができないため、「すべてのコンテンツと設定を消去」から初期化することはできません。

「すべてのコンテンツと設定を消去」から初期化することはできない

なお、「データ消去」の設定がオンになっていた場合、入力を11回間違えた時点で端末内のデータが全て削除されます。

入力を11回間違えた時点でiPhoneのデータが全て削除される

バックアップを全く取っていなかった場合、初期化した後にデータを復元することは不可能なので注意して下さい。

「iPhoneは使用できません」と表示される原因は?

「iPhoneは使用できません」と表示されるのは、主に以下の3つの原因が考えられます。

  • パスコードを何度も間違えて入力した
  • iOSのアップデートに失敗した
  • ゴーストタッチが起きている

では、以上の3つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

パスコードを何度も間違えて入力した

先ほども説明した通り、「iPhoneは使用できません」と表示されるのは、パスコードを何度も間違えて入力してしまったのが原因です。

パスコードをうっかり忘れてロックを解除できない時、設定しそうなパスコードを手当たり次第で入力する人もいるかもしれません。

ですが、11回連続で間違えてしまうと設定次第では全てのデータを失ってしまう恐れもあるため、慎重に捜査する必要があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。