『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】iTunesなし・パソコンなしで音楽CDを取り込み!専用ソフトやアプリを紹介

【iPhone】iTunesなし・パソコンなしで音楽CDを取り込み!専用ソフトやアプリを紹介

iPhoneやパソコンに取り込んだCDの音楽を、iTunesで管理している人も多いのではないでしょうか。

ですが、iTunesの操作が分かりにくかったり、iTunesが不具合を起こしてしまったことで、iTunes以外のソフトで音楽を取り込みたいと思っている人もいるでしょう。

また、パソコンを使わなくてもCDの音楽を直接iPhoneに取り込めたら便利ですよね。

そこで今回は「iTunesやパソコンを使わずにCDを取り込みする方法」をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

iTunesなしでパソコンにCDを取り込みする方法

パソコンでCDを取り込む時は、iTunesを使っている方がほとんどだと思います。

実は、iTunesを使わなくても、「Windows Media Player」やiTunesの代わりになるソフトを使えば、パソコンにCDを取り込むことができますよ。

PCにCDドライブがない場合は外付けを利用しよう!

最近のPCは、CDのを入れる場所(CDドライブ)が付属していないものもあります。利用しているPCを確認して、CDドライブがついていない場合、外付けのCDドライブを購入すれば、CDやDVDを読み込むことができます。

Windows Media Playerを使う

iTunesなしでパソコンにCDを取り込むなら、Windowsのパソコンに標準搭載されている「Windows Media Player」という音楽プレイヤーを使うのがおすすめです。

ちなみに、Windows Media PlayerはWindowsパソコンだけではなく、Macにもインストールできますよ。

ここでは、Windows Media Playerを使ってパソコンにCDを取り込む方法をご紹介していきます。

音楽のファイル形式をmp3に変換

CDの音楽ファイルは、「.cda」というファイル形式で保存されているのですが、MacやiPhoneなどのApple社の端末は「.cda」に対応していません。

そのため、Windowsパソコンで再生するだけならファイル形式を変換する必要はありませんが、Macをお使いの方やiPhoneに転送して再生したい方は、まず音楽のファイル形式をmp3に変換する作業を行いましょう。

音楽のファイル形式をmp3に変換する際には、以下の手順で操作を行って下さい。

音楽のファイル形式をmp3に変換する方法

  1. パソコンのCDドライブにCDを入れます。
  2. 「Windows Media Player」を起動したら、上部メニューの「取り込みの設定」をクリックしましょう。
  3. メニューが表示されたら、「形式」→「MP3」の順で選択して下さい。

これでCDをパソコンに取り込む際に、音楽のファイル形式が「mp3」に自動的に変換されます。

CDをパソコンに取り込む

音楽のファイル形式を「mp3」に変換する設定を終えたら、CDをパソコンに取り込む作業に移ります。

CDをパソコンに取り込む方法

  1. 「Windows Media Player」を起動したら、取り込みたい音楽にチェックを入れます。
  2. 上部メニューの「CDの取り込み」をクリックしましょう。
  3. CDを取り込み終わったら、パソコンのCDドライブからCDを取り外して下さい。

iTunesの代替ソフトを使う

「Windows Media Player」以外にも、iTunesと同じような機能を備えたサードパーティー製のソフトを使った方法もあります。

代表的なソフトとしては、

などが挙げられます。

上記の3つのソフトは、iTunesにはない機能が備わっていたり、iTunesと比べると動作も軽く、操作もシンプルなので、iTunesと比べて使い勝手が良いかもしれません。

ただ、これらのソフトのほとんどは海外製なので、使用する際には自己責任でお願い致します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。