『かわいい』が生まれる場所。

iCloudの容量が足りない!写真・データ削除の方法を丁寧に解説

iCloudの容量が足りない!写真・データ削除の方法を丁寧に解説

iPhoneを利用している人の多くは、iCloudを使っている方が多いのではないでしょうか。

今回は、その中でも写真・動画を扱うiCloud写真について解説していきたいと思います!

iCloudは、iPhoneで撮った写真やデータを、自動でバックアップしてくれる便利な機能ですよね。

しかしこのiCloud写真、無限に使える訳ではありません。

「ストレージの容量が不足しています」などと、iPhoneの画面に出たことはありませんか?

写真やビデオがいっぱいになると、バックアップも取れなくなってしまいます。

そんな時には、iCloud内の整理が必要になります。

iCloudに入っている写真やデータの削除の仕方を覚えて、iCloud写真が再び快適に使えるようにしましょう。

「iCloud写真」とは?

まずは、iCloud写真がそもそも何なのかをご説明したいと思います!

iCloud写真は、Appleが提供しているサービスの1つで、写真やビデオの同期をしてくれます。

使いこなすと機種変更時のバックアップにも大活躍する、iCloud写真のメリットや注意点をご紹介しましょう。

Appleデバイスで撮影した写真などを自動的に保存してくれる

iCloud写真の機能は、同じApple IDでログインする事で、iPhone・iPad・Macのパソコンからも同じ写真やビデオを見られるようにしてくれます。

バックアップをとってくれているように感じるかもしれませんが、バックアップではなく同期という形になります。

そのため、iPhoneで写真を撮ったとすると、自動でiCloud写真と同期されて他の端末からも見られるようになります。

しかしiPhoneで撮った写真が消された場合、消した状態がまた同期されるのです。

バックアップしていると勘違いして写真を消してしまうと、もう見られなくなってしまうので気をつけてくださいね!

無料で使えるストレージは5GB

iCloudにはストレージの容量が存在します。

ストレージの容量は、iCloudを使用し始める初回には5GBを無料で使えるので、しばらくは容量を気にせず使うことが出来ます。

もし、この5GBがいっぱいになった場合は、ストレージを有料でアップデートするか、iCloud内の写真やデータを削除し容量を増やす必要があります。

ストレージの容量を追加する予定のない方は、こまめに写真の整理をしておくといいでしょう。

【iCloud】写真・ファイルの削除方法

iCloud写真の容量は、無料の5GB分だと思いのほか早くいっぱいになってしまいます。

有料でストレージの容量を買う事は出来ますが、少しiCloud内を整理してみてはいかがでしょうか。

手ブレがひどい写真や誤って撮ってしまった写真なども入っているかもしれません。

iCloud写真の削除方法は4つあります。

どのように削除していきたいか、自分に合うものを試してみましょう。

個別に削除するなら「iCloud.com」から

不要な写真を1つずつ確認しながら削除したい場合は、iCloud.comを利用するのがおすすめです。

iCloud.comから削除する方法

お使いのパソコンからiCloud.comを開き、Apple IDとパスワードでログインしましょう。

iCloud.comから削除する方法

2ファクト認証を設定している場合は、iPhoneに確認コードが送られてくるので、その確認コードを入れてください。

iCloud.comから削除する方法

ログインが出来たら写真をクリックします。

iCloud.comから削除する方法

削除したい写真を選択して、右上のごみ箱ボタンをクリックします。

これで削除作業は完了です。

写真やビデオを見返しながら、1枚ずつ整理を行えますね。

Apple IDやパスワードさえ忘れていなければ、簡単にできるのでチャレンジしてみてください。

もし、Apple IDやパスワードを忘れてログインできない!という方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

Apple IDを忘れた…どうしてもわからない時の確認方法はコレ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。