『かわいい』が生まれる場所。

iCloudの容量が足りない!写真・データ削除の方法を丁寧に解説

iCloudの容量が足りない!写真・データ削除の方法を丁寧に解説

デジタルフォトアルバムを使う

iCloudにはiCloud写真の他に、写真を同じAppleIDを使っているデバイスで共有する機能があります。

その名はマイフォトストリーム!

このマイフォトストリームもiPhoneで撮った写真をiPadやMacのパソコンから見られるようにしてくれるのです。

iCloud写真との違いがいくつかあるのでご紹介しましょう。

マイフォトストリームの特徴

  • 最大1,000枚しか保存できない
  • 保存期間は過去30日分の写真のみ
  • 写真しか保存できない

もし写真が1,000枚以上になったり30日を超えた写真がある場合、古い写真から順番に削除されるようになっています。

マイフォトストリームのメリットは、iCloudのストレージ容量を使わないところです。

無料で写真の保管と共有が出来るので大変便利な機能ですね。

気になる方は設定をしてみましょう。

マイフォトストリーム設定

ホーム画面から設定をタップします。

マイフォトストリーム設定

写真を選択してください。

マイフォトストリーム設定

マイフォトストリームにアップロードをします。

これで設定は終了です。

設定完了後にホーム画面から写真アプリを開くと、マイフォトストリームいう項目が表示されるので確認してみましょう。

先ほどのマイフォトストリームを設定した画面でiCloud写真をオンにしていると、マイフォトストリームの項目はでないので注意してくださいね。
 

【iCloud】アカウントごと削除したい場合は?

なんとなくiCloudを使っていたけどバックアップは他の方法でしていたり、写真も撮らないしiCloudが必要ないなと感じている方もいるのではないでしょうか。

使う予定もないようならアカウントを削除してしまってもいいかも知れませんね。

アカウント削除時の注意点や、削除の仕方を解説致します!

アカウントを削除するときの注意点

アカウントを削除すると、様々なAppleのサービスが使えなくなります。

利用できなくなると困る事がないか確認をしておきましょう。

  • iCloudのストレージプランがキャンセルされる。
  • iTunesストア、AppleBooks、Appleストアで購入したものは利用できなくなる。
  • Appleミュージック、HBO GO、Netflix、WashingtonPostなど定期購読している物は課金サイクル終了時にキャンセルされる

ストレージプランは有料プランの場合でも、アカウント削除と共にキャンセルされます。

もちろんiCloud内の写真やデータも削除されてしまいます。

データは残したい方は必ずバックアップとバックアップの確認をしてから、アカウント削除をしましょう。

アカウント削除の手順

アカウントの削除はiPhone・iPadから、Macのパソコンから、Windowsからの3つから削除することが出来ます。それぞれのアカウント削除の手順をご紹介します。

iPhone・iPad

 

iPhoneアカウント削除

ホーム画面の設定をタップします。

iPhoneアカウント削除

パスワードとアカウントを選択しましょう。

iPhoneアカウント削除

iCloudを押します。

iPhoneアカウント削除

探すをタップしてください。

iPhoneアカウント削除

iPhoneを探すを選択してiPhoneを探すをオフにしましょう。

iPhoneアカウント削除

設定画面に戻り、1番下のサインアウトをタップします。

iPhoneアカウント削除

AppleIDとパスワードを入力しサインアウトを完了します。

警告画面がでるのでiPhoneから削除を押して、アカウント削除は終了です。

Mac

Macのパソコンをお持ちの方は以下の手順でアカウントの削除を行ってください。

POINT

  1. Appleメニューからシステム環境設定を選択する。
  2. インターネットアカウントを開く。
  3. 削除したいiCloudアカウントを選ぶ。
  4. 左下にある削除ボタンをクリックする。

 

Windows

 

ト

iCloud.comを開き、アカウント設定をクリックします。

ト

すべてのブラウザでサインアウトを選択する。

ト

確認画面が出るのでサインアウトを押します。

ト

Windowsパソコンのスタートボタンをクリックし、プログラムと機能をクリックします。

ト

システムとセキュリティーを選択します。

ト

iCloudを右クリックしましょう。

ト

変更という項目をクリックして削除を押します。

これでWindowsからもiCloudのアカウントが削除されます。

やりやすい方法でアカウントの削除をしてみてくださいね。

写真やデータの削除は慎重に!

写真やビデオをiPhoneやiCloudから削除する方法は意外と簡単です。

その分、消す気がなかったのに写真を削除してしまった!という事もありえます。

日ごろから大事なデータをバックアップするなど対策をしておくと良いですよ。

また、大事なデータを無くさないように小まめに写真データの整理をしておくのも良いでしょう。

整理をしておくことでiCloudの空き容量も増えて一石二鳥です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。