『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】有料スタンプの買い方と買えないときの対処法をご紹介!

【LINE】有料スタンプの買い方と買えないときの対処法をご紹介!

種類がとても豊富なLINEスタンプ。

メッセージを送信するときにほとんどの方が使用しているのでしないでしょうか?

企業などが無料スタンプを配布していますが、やはり有料スタンプは魅力的なものがたくさんあるのでついつい買ってしまう方も多いでしょう。

有料スタンプは「LINE STORE」と「スタンプショップ」で購入することができます。

同じスタンプが売られてるので同じかと勘違いすることがありますが、購入の仕方や決済方が違ったりと実は同じようで別になります。

これを混合するとややこしくなってしまいます。

では「LINE STORE」と「スタンプショップ」の違いは何でしようか?

「LINE STORE」と「スタンプショップ」で有料スタンプを購入する方法と、購入できないときの対処法をご紹介します。

Contents[OPEN]

スタンプを買う前に!LINE STOREとスタンプショップの違い

「LINE STORE」

「LINE STORE」はLINE公式オンラインストアサイトで、LINEスタンプ、LINE絵文字、LINE着せ替えやLINE GAMEなどの有料アイテムなどを買うことができるウェブストアです。

スマートフォンやパソコン両方から利用できます。

「LINE STORE」は決済方法豊富です。

「スタンプショップ」でスタンプを買うときにはクレジットカードの支払いになりますが「LINE STORE」ではさまざまな決済方法で買うことかできるので、クレジットカードを持っていない人でも利用できます。

ただ「LINE STORE」では一部購入できないアイテムもあります。

「LINE STORE」POINT

  • LINEスタンプ、LINE絵文字、LINE着せ替え、LINE GAMEの有料アイテムの購入
  • LINEクレジットで買う
  • 決済方法豊富(10の決済から選択)
  • 一部購入できないアイテムあり

「スタンプショップ」

「スタンプショップ」はLINEのアプリ内にあるので気軽に買うことができます。

ショップ内のスタンプはLINEコインで買うことができます。またポイントをコインに自動変換して使用できます。

「スタンプショップ」POINT

  • LINEスタンプ、LINE絵文字の購入
  • LINEコインで買う(ポイントからコインに自動変換あり)
  • 3つの決済方法から選択
  • LINEのアプリ内から購入できる

※LINE着せ替えが欲しい場合は、アプリ内に「着せ替えショップ」があるので、そちらで確認してみましょう。

購入時の値段は一緒

「LINE STORE」と「スタンプショップ」では同じ有料スタンプが売られており、価格は同じですが表記が違います。

「LINE STORE」では「円」、「スタンプショップ」では「コイン」で表記されています。

例えば、「LINE STORE」では「250円」、「スタンプショップ」では「100コイン=250円」と表記されています。

同じスタンプで同じ価格だけど買うサイトが違うのでチャージ方法が異なります。

「LINE STORE」250円

LINE002

「スタンプショップ」100コイン=250円

LINE001

価格は同じで表記が違う

「LINE STORE」 円で表記
「スタンプショップ」 コインで表記

【LINE STORE】決済方法の種類

スタンプを買う際には、LINEクレジット(LINE STORE専用通貨)へチャージします。

「1LINEクレジット=1円」になります。

「LINE STORE」のみで利用可能で、「スタンプショップ」で利用するコインとは異なります。

10種類のチャージ方法から選べ、決済方法が豊富です。

  • LINE Pay (クレジットカード)
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済/au WALLET
  • ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
  • モバイル楽天Edy
  • WebMoney
  • JCB PREMOカード
  • モバイルSuica
  • NET CASH
  • Bitcash

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。