『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone・Android】簡単!予測変換を削除する方法

【iPhone・Android】簡単!予測変換を削除する方法

Contents[OPEN]

iPhoneでの削除方法

「一般」の中の「リセット」に進みます。

リセット

「キーボードの変換学習をリセット」の項目をタップしましょう。

リセット

パスコードを入力し、再度「変換学習をリセット」を押せば削除完了です。

Androidでの削除方法

使用しているキーボードのアプリで削除を行います。

使用しているキーボードによって項目の名称などが異なるので注意しましょう。

設定メニューから「一般管理」に進みます。「言語とキーボード」→「オンスクリーンキーボード」の順に進んだら、現在使っているキーボードを選択しましょう。

例えば「Galaxy Note10+」を使っているのであれば、「初期設定にリセット」という項目があるので、その中にある「予測テキストの学習データを消去」を押して削除します。

英語キーボードも設定可能

キーボードには日本語と英語がありますが、予測変換は英語のキーボードにも対応しています。こちらの設定をしたければ、「設定」→「一般」と進み、「キーボード」を選択しましょう。

英語

一番下までスクロールすると、英語のキーボードに関する設定個所があります。こちらの「予測」をOFFにすればOKです。

英語

辞書機能は消えないので安心

予測変換のデータを削除すると、その他のワード関連のデータまで消えてしまうのではないか、と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

しかしその点は心配いりません。

ワード関連の機能として「辞書機能」があります。

辞書機能に「よみ」と「単語」をそれぞれ登録しておくことで、「よみ」に登録した言葉を入力すると、「単語」として登録した言葉が優先的に候補に表示される機能のことです。

自分の名前が一発で漢字に変換されない人などは、辞書に名前を登録していることが多いかと思いますが、予測変換のデータを削除したからと言って、辞書に登録した言葉はそのままなので安心してください。

【iPhone・Android】場所の予測変換を削除する方法(Googleマップ)

目的地までのルートを調べるのに大変便利なGoogleマップにも予測変換機能があります。削除方法をチェックしましょう。

Googleマップの予測変換機能とは?

画面の一番上を見ると「ここで検索」と書かれている検索窓があるのですが、この場所に具体的なスポット名・地名や郵便番号などを入力すれば、目的地までのルートなどを調べられます。この部分に予測変換機能が使われているのです。

Googleマップ

候補があると、スポット名などの横に時計マークのアイコンが付いた物が出てくる時があります。これは、過去に検索して経路を表示したことのあるスポットや、口コミを投稿したスポットなどを優先的に表示しているのです。

Googleマップ

候補として出てくるスポットは、過去に自分が検索したスポットでもあるので、検索した「履歴」を削除すれば、同時に候補としても出てこなくなります。

ただ、履歴を消せば、候補の中から「検索しただけのスポット」は消えるのですが、保存した場スポット・口コミの投稿を求められたスポット・共有したスポットに関しては消えません。この点には注意が必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。