『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneとAndroidの違い|機能性・アプリ・魅力を徹底比較!

iPhoneとAndroidの違い|機能性・アプリ・魅力を徹底比較!

Contents[OPEN]

Androidは機種が多いため機能にばらつきがある

Android端末は1度の発売時期にたくさんの端末が発売されます。発売される端末は開発しているメーカーごとに特徴が違うので、自分の求める機能を選べることがメリットです。

しかし、その分端末ごとに機能のばらつきもあります。

例えば、カメラ機能はとても良いけれど処理速度が遅く、よく固まってしまうなどといった点です。

iPhoneはApple社だけで作られているので、大きな端末の改正がない限りばらつきが少ないのですが、Androidは色々な会社が独自で作っているのでばらつきが出てしまうと言えます。

iPhoneとAndroidの違い|アプリはどちらが豊富?

次は「アプリ」がどのように違うのかを見ていきましょう!

アプリの多さはAndroid

少し前で説明しましたが、iPhoneはアプリの審査が厳しいので必然的にAndroidより使えるアプリが少ないです。

AndroidはiPhoneより審査が緩いので基本的に誰でもアプリを出すことができます。そのため、iPhoneには無いアプリもたくさん!

しかし、逆にiPhoneでしか利用できないアプリもあるのです。

Androidで使えるアプリと機能はほとんど同じだけど、種類の違うアプリなど。

また、インターネットからダウンロードして利用するソフトもiPhoneは規制が厳しくダウンロードできないものがあるので、友達同士などで同じアプリを使いたいときには注意してください。

アプリの質はiPhoneが優勢

iPhoneは審査が厳しい分、アプリの質はAndroidに比べて優勢です。

iPhoneは誰でも簡単にアプリを出すことができないので、エラーが多いアプリなどが少ない!

もちろん、みんなが利用しているような有名なアプリ(LINEやInstagramなど)は端末の種類関係なく利用できるので安心してください。

アプリの課金はどちらの同じ

アプリ上での課金については問題なくiPhoneでもAndroidでも行うことができます!

しかし、有料アプリか無料アプリなのかが違う場合があります。特に、スマホゲームをしている人は気をつけてください。

Android端末では無料で利用していたアプリもiPhoneに変えて使おうと思ったら有料だった!ということもあるので注意が必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。