『かわいい』が生まれる場所。

【意外と簡単♪】iTunesでCDを作成しよう!方法をご紹介!

【意外と簡単♪】iTunesでCDを作成しよう!方法をご紹介!

CD-Rの容量を確認してから作成をする

CD-Rには容量があり650MBか700MBのものが一般的に普及されています。650MBだと大体74分、700MBで80分ほど保存ができます。

曲を書き込む際にCD-Rの容量によって書き込める曲数が決まってしまいますので、購入の段階で何曲くらい保存するのか把握した上でディスクを選ぶようにしましょう。

また、前述したとおりCD-Rは一度書き込みが完了すると中のデータは消去できず、新たにデータを上書きすることもできないので注意が必要です。

途中でキャンセルした場合も同様ですので、容量不足やトラブルに対応できるようにディスクは少し多めに購入しておくと良いでしょう。

【iTunes】プレイリストからデータCDを作成したいときには

残りのディスク書き込み方法としてデータCDというものがあります。ファイル形式の部分でも少しお話しましたがMP3やAACのファイルを混在したものがデータCDのファイルとなっています。

こちらのファイル形式で書き込みをするやり方や書き込みする上での注意点などをご説明していきます。

CDを作成する手順は?

データCDにおけるCDの作成方法ですが、基本的な手順は変わりません。一番最後のディスク作成設定において、ディスクフォーマットの「データCD」にチェックボックスを入れるだけでファイル形式が変わります。

データCD作成

データCDの作成手順はこれだけで完了になりますが、データCDはCD-ROMと言われる種類になります。したがって基本はデータの書き込み用として扱われるCDです。

音楽用のROMだとしてもプレーヤーによっては対応していない可能性があるので注意しましょう。

プレイリストを分割する(1枚のCDに収まらない場合)

曲を複数選択してディスクに書き込む際、1枚あたりのROMの容量を超える場合にはiTunesからポップアップで「複数枚に分けますか?」と表示がでます。

1枚にすべて収録させたい場合は「キャンセル」を選択して再度iTunes上で曲の調整を行う必要があります。

分割して複数枚のCDに収録しても問題ない場合は「OK」を選択すると、1枚に入れられるだけの曲を書き込みます。その後、ディスク差し替えのポップアップが表示されるので空のディスクと差し替えましょう。

【iTunes】CD作成時の注意点

最後にiTunesからCDに書き込むにあたっていくつかの注意点をご説明していきます。CDに書き込む前にも容量やCDの種類といった問題がありましたが、それ以外にも注意すべきことがあります。

CDを書き出す前にそれぞれの注意点をしっかりと予習しておきましょう。

(MP3 CDを作成する場合)全ての曲のフォーマットを変換する

MP3変換の項目でなぜわざわざMP3に変換したかというと、AACファイルは著作権に守られたファイルのためそのままではCDに書き込むことができません。

したがって一度ファイルを変換してからでないとCDに落とすことができないのです。AACとはMP4の一種でMP3よりも後に出た音楽ファイル形式です。

音質や容量が更に圧縮されていますが、iTunesの書き込みには対応していないので、書き込みたい曲は全てフォーマットを変換しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。