『かわいい』が生まれる場所。

スマホを赤外線カメラとして利用できるアプリはある?専用機器もご紹介!

スマホを赤外線カメラとして利用できるアプリはある?専用機器もご紹介!

赤外線カメラを使うと、全く光がない暗闇の中でもターゲットを視覚化することができます。

赤外線カメラは主に監視カメラとして利用されることが多いですが、スマホでもアプリを使えば赤外線カメラとして利用できます。

この記事では、スマホを赤外線カメラとして利用できるアプリや専用機器などを紹介します。

赤外線カメラアプリとは?

「赤外線」という言葉は耳にしたことがある人も多いでしょう。

では、赤外線カメラとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

肉眼では見えない赤外線を感知できる!

赤外線カメラとは、人間が肉眼で見ることができない温度を視覚化できるカメラのことです。

この世の中に存在するすべてのものは、赤外線エネルギーを放射しています。

赤外線カメラは、放射される赤外線をカメラのレンズでとらえ、デジタル処理をして温度を視覚化することにより、見えないものを見えるようにします。

普通のカメラは、肉眼で見ることができる「可視光線」という光の波長をレンズでとらえて画像にしますが、赤外線カメラは、肉眼では見ることができない「赤外線」という波長をレンズでとらえて画像にします。

そのため見た目では分からない、対象物のいろいろな状態を知ることができるというメリットがあります。

暗闇でも綺麗な写真が撮れる!

赤外線カメラは、肉眼で識別できる「可視光線」ではなく、肉眼では識別できない「赤外線」を視覚化するカメラなので、光が全くない暗闇でも写真の撮影ができます。

夜行性で夜に活動をする野生動物の狩りのシーンなどをテレビ番組で見る機会がありますが、周りに光が全くなくても動物たちがハッキリ写っています。赤外線ビデオカメラを使っているからです。

同じように赤外線カメラを使えば、暗闇の中でも鮮明な写真の撮影ができます。

【iPhone】赤外線カメラアプリをピックアップ!

ここからは、iPhone対応のおすすめ赤外線カメラアプリを3つ紹介します。

「赤外線カメラ」

最初に紹介する、iPhone対応のおすすめ赤外線カメラアプリは、「赤外線カメラ」です。

「赤外線カメラ」は、赤外線カメラアプリとしてはスタンダードなアプリです。

暗闇にある対象物をハッキリとらえ、写真撮影が行えます。

また、課金をすればカラーフィルターなどで画像処理も行えます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。