『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】標準機能で画面録画する方法とアプリ3つご紹介!

【iPhone】標準機能で画面録画する方法とアプリ3つご紹介!

スマホでWeb検索やネットショッピングをしていると、写真に撮って保存し、後でじっくり見たいと思うことがあります。

そんな時に活用するスマホの機能がスクリーンショットです。しかし、スクリーンショットで撮影できるのは、スマホの画面に写る静止画像だけです。

静止画だけでなく、動画もスクリーンショットで撮影できればとても便利ですよね。実はiPhoneには、スクリーンショットでは撮影できない動画を録画できる機能があります。

それがこの記事で紹介する画面録画機能です。

今回は画面録画をする方法やおすすめのアプリを紹介していきます!

【iPhone】アプリの紹介の前に!画面録画とは?

Webサイトでゲームアプリの攻略方法を検索していると、スクリーンショットで撮影された静止画像ではなく、動くキャプチャー動画が使われていることがあります。

制作者が何か特別な特殊技術を使ってゲームアプリの特定のシーンを動画として加工し、Webサイトに載せているのではないかと思うかもしれませんが、実は、特別な加工技術が用いられているわけではなく、画面録画機能を使ってキャプチャー動画を撮影しているだけなんです。

iPhoneに搭載されている画面録画機能を使えば、誰でも簡単にキャプチャー動画が撮影できます。iPhoneの画面録画とは、いったいどんな機能でしょうか。

画面録画とは

画面録画機能は、iPhoneのディスプレイ画面に写る動画を録画して保存できる機能です。

スクリーンショットがスマホのキャプチャー画面を画像データとして保存できる機能であるのに対し、画像録画は、スマホのキャプチャー画面を動画データとして保存できる機能です。

例えば、スマホの操作やアプリの使い方などを説明するのに、スクリーンショットではなく画面録画を使えば、少ない言葉でも多くのことを説明できます。

また、Googleマップで、お気に入りのカフェやレストランの場所や行き方などを友だちに説明するときに、画面録画を使ってルート検索を最初から最後までキャプチャー動画として撮影し送信すれば、道に迷わず簡単に目的地に辿りつくことができます。

iPhoneの標準機能で行う

iPhoneで画面録画を撮影する方法は2つあります。

1つ目の方法は、iPhoneに標準装備されている画面録画機能を使う方法です。操作方法は簡単で、撮影したキャプチャー動画はスマホに自動的に保存できるので、特別な操作は必要ありません。

画面録画できるアプリを使う

2つ目の方法は、画面録画ができるアプリを使う方法です。

アプリには、iPhoneの標準機能である画面録画機能にはない機能が付いています。SNSやYouTubeなどにキャプチャー動画を投稿することを考えているユーザーにはおすすめですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。