『かわいい』が生まれる場所。

【Google】アカウントの検索履歴を他人から隠す方法とは?

【Google】アカウントの検索履歴を他人から隠す方法とは?

スマホやPCを使えば、インターネットを使って興味のある物事などについて簡単に調べることができます。

すぐに知りたい情報を収集することができ、日々の生活で欠かせないツールの1つといえるでしょう。

自分のスマホ機器やPCなどで調べものをするのであれば問題ありませんが、もし家族や複数人で端末を共有している場合、少し注意しておきたいポイントがあるんです。

それが『閲覧データ(履歴)』です。

閲覧データとは、自分がインターネットのブラウザを使って調べものをした際の情報がまとめられたものです。自分で使用する際は後からすぐに振り返ることができて便利なのですが、他人には見られたくないですよね。

共有する際は、他人に知られても問題ないものしか入力できないのか、と思ってしまいますが、心配は全く要りません。プライベートな情報である『閲覧データ』は隠すことができるんです。

そこで今回は、Googleのアカウントを使ってサーチした場合に、残された閲覧データを他人から見られないようにする方法を解説します。

プライベートな情報は厳重に守りながら、快適なインターネットを楽しみましょう。

閲覧データが残ってしまった人も、少しの操作を行うだけで簡単に隠すことができます。

また、閲覧データを残さず検索する方法も併せて紹介するので、是非この機会におぼえておいてくださいね。

【Google】アカウントの検索履歴を他人に知られたくない!

Googleアカウントは、ログインすることで自動的にインターネットを使用した際の情報がまとめられます。勝手に情報が残るということであれば、少し厄介な機能に思えるかもしれませんが、決してそうではありません。

他の端末で同じアカウントにログインすることで、今まで使用していた閲覧データをすぐに同期させることができます。アクセスしたサイトなどをサーチし直す手間が無くなるので、実はこの点はメリットです。

しかし、公共の場で使っているPCなど、不特定多数の人が同じインターネットブラウザを使う可能性があるとき、この仕組みによって履歴がすぐに見られてしまいます。

ほとんどの人が履歴を見られたくないと思うはずです。では、もし見られてしまうとどのようなリスクがあるのでしょうか?

自分の趣味がバレてしまう

Googleサーチにて、自分がアクセスしたサイトなどを他人から見られる状態にしたままだと、もちろんですが自分の趣味が他人にバレてしまう恐れがあります。

個人の趣味は立派なプライバシー情報です。これをもとに悪用される可能性は否めません。最悪の場合は、人間関係などの問題に発展してしまう場合も想定されます。

普段から他人に情報をチェックされてしまうと想定しながらインターネットを利用する癖をつけておくと、情報が流出する恐れも少なくできます。

見られたくない履歴が残っているかも

自分の関心事について調べ物をしている最中、意図しない間に別の内容を含むサイトに移動していることがたまにあります。

アクセスするつもりではなかったサイトについても、少しでも表示させてしまえば閲覧データとして残ることになります。

自分は見るつもりはなかった場合でも、他人からすれば同じように自分でチェックした内容だと思われてしまいます。

この中には、見られたくないタイプの情報である可能性は否定できません。意図しないトラブルを防ぐためにも適切な情報管理は必要です。

これらのポイントを踏まえると、閲覧データの適切な管理はインターネットブラウザを利用しているすべてのユーザーに必要であることが分かります。

プライベートなものを守るためにも、無意識に情報を管理できるようにしておきましょう。

【Google】他人に知られたくない!アカウントの検索履歴はどこで見られるの?

それでは、Googleアカウントを使ってインターネットサーチをした場合の閲覧データ確認について見ていきましょう。

どのようなブラウザであっても、アカウントにログインしている場合は、そのアカウント自体にサーチ履歴が一覧で表示されるようになります。

他の人も使う端末である場合はログアウトしていない限り、同じ履歴をチェックできるようになっています。

では、そもそもGoogleアカウントに残された閲覧データについては、どのようチェックすればよいのでしょうか?

Googleアカウントに保存されている閲覧データと、Chromeブラウザに保存されている閲覧データの2つをチェックしていきましょう。

Googleアカウントに保存されている履歴の確認手順

まずは、Googleアカウントに保存されている閲覧データの確認方法を説明します。

先ほど説明したように、どのブラウザを使用していても、そのブラウザでGoogleにログインした上でサーチをすれば、自動的に履歴が反映されていくという仕組みです。

確認方法を説明します。

まずはログインしている状態でGoogleのトップページを開きます。Googleの検索枠が表示されているページです。開いたら画面の左上に表示されている『≡』のアイコンをタップしてください。

AndroidからGoogleメニューアイコンタップ

メニューが一覧で表示されるので、この中にある『検索履歴』を選択してください。

AndroidからGoogle閲覧履歴削除

マイアクティビティの画面に移行するので、この画面からいつでもサーチ履歴をチェックすることができます。

アクセスやサーチなど、細かい内容でアクティビティが分かれているので、振り返るときには便利ですね。消すことも可能なので、これについては後ほど詳しく解説します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。