スマホで見つける、もっと可愛い私

【Amazonプライム】会員のメリットは?オトクな利用方法も!

【Amazonプライム】会員のメリットは?オトクな利用方法も!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

Contents[OPEN]

200万曲が無料で聴き放題

「プライム・ビデオ」と同系統のサービスで「Amazon Music」というものがあります。

この「Amazon Music」は音楽ストリーミングサービスで、登録されている約200万曲が聴き放題になるというものです。

Prime Music ホーム画面

また、その「Prime Music」よりも少し上の「Prime Music Unlimited」というサービスもあるのですが、こちらは通常、月額980円のところ、プライム会員であれば780円でで利用可能になるのです。

こちらの「Prime Music Unlimited」に登録されている楽曲は、なんと6,500万曲にものぼります。

いろいろなアーティストの音楽が聴きたい方にとっては最高のサービスと言えるでしょう!

Amazonプライム会員になるデメリット

ここからは、いくつかのデメリットを紹介していきます。

大きく分けて3つになります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

会費がかかる

Amazonプライム会員は定額サブスクリプション制のサービスです。

色々なコンテンツを利用できる会員になるためには、会費が必要になります。

当然のことですが、料金がかかってしまうのはデメリットの1つと言えるでしょう。

しかし、他の音楽配信サービスでも、大抵のものは料金がかかってしまいます。

Amazonを利用しない人にとっては必要がない

Amazonではなく、別の音楽配信サービスや電子書籍を利用する方にとっては、このAmazonプライム会員は、ただ会費がかかるだけのサービスになってしまいます。

プライム・ビデオも利用する予定がなく、他のサブスクリプションサービスで動画などを楽しんでいる方にとっても、持て余してしまうコンテンツになってしまうかも知れません。

観たい動画がプライム・ビデオにあるとは限らない

沢山のオリジナル動画を配信しているプライム・ビデオですが、その他の映画やドラマに関していえば、やはり他のサブスクリプションサービスに比べると本数は少なくなってきます。

その分、会費も安価にはなっているのですが、自分の観たい作品が必ずしもプライム・ビデオで配信しているとは限りません。

会員に登録した後に、観たい作品がなかった…なんてことになる可能性も無きにしもあらずですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。