スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】指紋認証が反応しない!その原因とトラブルへの対処法

【iPhone】指紋認証が反応しない!その原因とトラブルへの対処法

指をタッチするだけでロックを解除することができる「指紋認証」は、いちいちパスコードを入力しなくていいのでとても便利ですよね。

ですが稀に、いくらタッチしても指紋を認証してくれないことがあるようです。

今回は、その原因と対処法をいくつかご紹介します。

Contents[OPEN]

【iPhone】指紋認証が反応しない!何度も失敗するとどうなる?

iPhoneのロック解除はいつもどのように行っているでしょうか。Touch ID内蔵のiPhoneであれば指紋認証で、Face ID内蔵のiPhoneであれば顔認証でロック解除を行うと思います。

パスコードでロック解除をするユーザーもいるかもしれませんが、毎回ロック解除をするのにパスコードを打ち込むのはとても面倒くさいので、多くのユーザーはTouch IDやFace IDを活用します。

Touch ID搭載のiPhoneで指紋認証によるロック解除を行っているユーザーの中には、iPhoneに登録した自分の指紋と同じ指でロック解除をするためホームボタンを押しても、「もう一度試してください」という表示がディスプレイに出るだけでロックがまったく解除されないという経験を何度もしている人がいます。

そのまま指紋認証を試し続けるとどうなるのでしょうか。

強制的にパスコード入力画面へ

指紋認証でiPhoneのロック解除をしようと、何度も何度も試してもロック解除ができないと、その後どうなるのでしょうか。iPhoneがユーザーの指紋を認識できないと、強制的にパスコード入力画面が立ち上がります。ただここで問題にぶつかります。

これまで指紋認証でロック解除を行い続けていたため、パスコードを覚えていないということです。記憶をたどりパスコードを入力しますがロック解除はできません。

間違ったパスコードを打ち続けるとどうなるのでしょうか。

パスコード入力さえも失敗してしまうと?

iPhoneはセキュリティ上の問題で、間違ったパスコードを打ち続けるとロックをかけるように設定されています。具体的には、5回以上間違ったパスコードを打つと、iPhoneにロックがかかります。その後指定された時間が過ぎるまでiPhoneはロックがかかった状態のままなので、操作は一切行えなくなります。

指定された時間が過ぎ、再び間違ったパスコードを打つと、ロックされる時間がさらに長くなります。iPhoneには、10回以上パスコードを間違えると自動的にiPhoneを初期化する設定があり、それが有効になっていると間違ったパスコード10回打ち込んだ時点でiPhoneはリセットされ、保存されているデータはすべて失うことになります。

【iPhone】指紋認証が反応しない原因とは?

ロック解除を素早くスムーズに行い、パスコードを毎回打ち込んでロック解除をするストレスからユーザーを解放するために開発された、Touch IDによる指紋心証システムが機能しないのは、ユーザーにとってはイライラの原因になります。

どうしてTouch IDで指紋認証によるロック解除ができないのでしょうか。どんな原因が考えられるでしょうか。これから4つの主な原因を紹介します。

設定に問題がある

指紋認証システムでiPhoneのロック解除ができない場合に考えられる最初の原因は、iPhoneの設定です。iPhoneを購入したときに初期設定をしますが、その際に指紋認証を行うために必要な設定をする指示が出ていたはずです。しかし、それをスキップしたかもしれません。設定がしっかり行われていないと指紋認証は行えません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。