スマホで見つける、もっと可愛い私

【これで解決!】Googleで検索できない原因と対処法まとめ

【これで解決!】Googleで検索できない原因と対処法まとめ

OSを最新版にアップデートする

iOSのバージョンが古いと端末やアプリに不具合が起きることがあるため、バージョンが古い場合は最新版にアップデートしましょう。

iPhoneの場合

  1. 「設定」を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップ。
  4. 「利用条件」が表示されたら、画面右下の「同意する」をタップ。
  5. アップデートに必要なファイルのダウンロードが終わったら、「インストール」をタップ。

引用:Apple公式サイト

Androidの場合

  1. 「設定」を開いたら、「端末情報」をタップ。
  2. 「ソフトウェア更新」をタップ。
  3. 「今すぐ更新」をタップ。
  4. 「インストール」をタップ。

あとは、OSのアップデートが終わるまでしばらく待ちましょう。

Googleアプリを再起動する

Googleアプリを使っていて検索できない場合は、Googleアプリを再起動してから再度検索してみましょう。

iPhone X以降の場合

  1. 下から上へ画面をスワイプして、途中で指を止めて離す。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、下から上へスワイプして「Google」を終了させる。
  3. ホーム画面に戻って、「Google」をタップして再起動する。

引用:Apple公式サイト

iPhone 8以前の場合

  1. ホームボタンを2回連続で押す。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、下から上へスワイプして「Google」を終了させる。
  3. ホーム画面に戻って、「Google」をタップして再起動する。

引用:Apple公式サイト

Androidの場合

  1. ホーム画面右下の「□」アイコンをタップする。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、ゴミ箱のアイコンをタップして「Google」を終了させる。
  3. ホーム画面に戻って、「Google」をタップして再起動する。

Googleアプリを最新版にアップデートする

再起動しても解決しない場合は、Googleアプリが最新版にアップデートされているか確認し、されていなかった場合はアップデートを行ってから再度検索してみて下さい。

iPhoneの場合(iOS 13以降)

  1. 「App Store」を開いたら、画面右上の人物アイコンをタップ。
  2. 「利用可能なアップデート」に表示されているアプリの中に「Google」があった場合は、「アップデート」をタップ。
iPhoneの場合(iOS 12以前)

  1. 「App Store」を開いたら、画面右下の「アップデート」をタップ。
  2. 「入手可能」に表示されているアプリの中に「Google」があった場合は、「アップデート」をタップ。
Androidの場合

  1. 「Google Play」を開いたら、メニューアイコンをタップ。
  2. メニューの中から、「マイアプリ&ゲーム」を選択。
  3. 「Google」がアップデートできる場合は、「更新」をタップ。

あとは、アップデートが終わるまでしばらく待ちます。

キャッシュやCookieを削除する

Googleで検索できない時は、ブラウザのキャッシュとCookieも削除しておきましょう。

キャッシュ:閲覧したwebサイトの情報を一時的に保存する仕組みのこと。
Cookie:IDやパスワード、訪問回数などwebサイトに訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組みのこと。

これらのおかげで同じwebサイトを閲覧した時の表示速度がアップする、ログイン情報を入力する手間が省けるといったメリットがあります。

ですが、不要なキャッシュやCookieが溜まりすぎていると、端末内のストレージ容量を圧迫してしまい、それが原因で不具合を起こすことがあります。

そのため、キャッシュやCookieを全て削除してからGoogleに再度アクセスしましょう。

Safariの場合は以下の通り操作してください。

「設定」を開いたら、「Safari」をタップします。

「Safari」をタップ

「履歴とWebサイトデータを消去」をタップしましょう。

「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

「履歴とデータを消去」をタップして下さい。

「履歴とデータを消去」をタップ

Chromeの場合は以下の通り操作してください

Chromeアプリを起動したら、画面右下の「…」をタップします。

「…」をタップ

メニューを開いたら、「履歴」をタップしましょう。

「履歴」をタップ

履歴の画面が表示されたら、「閲覧履歴データを削除」をタップして下さい。

「閲覧履歴データを削除」をタップ

「期間」を「全期間」に設定します。

「期間」を「全期間」に設定

「Cookie、サイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れた状態で「閲覧履歴データを削除」をタップしましょう。

「閲覧履歴データを削除」をタップ

【Google】検索できないときの対処法≪Google自体の不具合≫

Google自体の不具合が原因で検索できない場合は、以下の2つの対処法を試して下さい。

  • 時間を置いてから再度アクセスする
  • 他の検索エンジンを使って検索する

では、以上の2つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

時間を置いてから再度アクセスする

Googleで検索できないのは、Googleのサーバーに不具合が生じている可能性も考えられるので、「Downdetector」というサイトでシステム状況を一度確認しておきましょう。

「Downdetector」でシステム状況を確認

「Downdetector」にアクセスしたらテキストボックスに「Google」と入力して検索して下さい。Googleに関連するサービスが表示されるので、「Google」を選択しましょう。

すると、Googleの現在のシステム状況が表示されます。

システム障害が起きていない場合は「Googleには問題がありません」と表示されますが、何らかの障害が発生している場合は「Googleには問題があるかもしれません」と表示されます。

もし、そのように表示された場合は、システムが復旧するまでしばらく時間をおいてから再度アクセスしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。