スマホで見つける、もっと可愛い私

【使いやすくて便利!】どれにする?おすすめのプリペイドカード:10選

【使いやすくて便利!】どれにする?おすすめのプリペイドカード:10選

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

おすすめのプリペイドカードを10個ご紹介!

さてここからは、おすすめのプリペイドカードを厳選して10個ご紹介していきます。

自分に合ったものを選んで使ってみて下さいね!

おすすめのプリペイドカード①ANA JCBプリペイドカード

まず最初にご紹介するのは、ANA JCBプリペイドカードです。

皆さんご存知の大手航空会社「ANA」と、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーでもある国際ブランド「JCB」が提供するプリペイドカードです。

日本国内はもちろん、世界各国のJCB加盟店で利用できるため、よく海外出張や旅行などに行かれるアクティブな方にもおすすめできるカードです。

カードの入会時にカード利用額とチャージした金額に応じたマイルを貯めることのできる「マイルコース」あるいは、バリュー残高にバリューを還元する「キャッシュバックコース」のいずれかを選ぶことができます。

この時に選択したコースにより受けられる特典にはそれぞれ違いがありますが、「搭乗マイル」についてはどちらのコースを選んだ時でも、共通でマイルが積算されます。

年会費無料

ANA JCBプリペイドカードは国内在住の15歳以上の方が申し込み対象で、年会費は無料です。カード利用限度額は、1回あたり30万円/1日あたり30万円で、使えば使うほどにマイルを貯めることができます。

チャージしてもポイントが貯まる

コンビニエンスストアの店頭や銀行口座、WEBコンビニやクレジットカードからカードにチャージが可能です。なお、一度にチャージできるのは49,000円までです。

また、半年間のチャージ額の合計が12万円以上で180円、24万円以上で360円のボーナスがキャッシュバックされます。

マイルを貯めたい人向け

ANA JCBプリペイドカードをマイルコースで月3万円ほどのショッピングを3年間利用した場合、ボーナスマイルも合わせて約7,000マイルを貯めることができます。

東京から福岡までのの片道が6,000マイル(特典航空券に必要なマイル数)で旅行や帰省時などの際にも使用できるため、旅行や帰省の際によく航空機を利用する方には特におすすめできるカードといえます。

ANA JCBプリペイドカード
 

おすすめのプリペイドカード②エポスVISAプリペイドカード

次にご紹介するのは、エポスVISAプリペイドカードです。こちらは国際ブランドのVISA決済も可能です。

VISAは東京オリンピックのオフィシャルスポンサーなので、チケットの購入や競技会場での使用もOKですし、海外ではトップシェアを誇り、特にアメリカ方面に強いと言われています。

また、エポスカードは、皆さんの中にもファンが多いと思われる「丸井」グループが運営しているクレジットカード会社です。もちろん、丸井でのショッピングにも使うことが可能です。

カードのデザインの種類が豊富

エポスVISAプリペイドカードをおすすめする理由のひとつとして、80種類以上のデザインから自分が気に入ったデザインのカードを、自由に選択することができるところです。

80種類の中には、「銀魂」(期間限定)や「リラックマ」などの人気のアニメキャラクターや動物柄など、魅力的なデザインが豊富にそろっています。非常に種類が多いため、カードのデザインが他の人とかぶってしまうことも少なそうです。

オートチャージ機能の設定も可能

あらかじめオートチャージ機能を設定しておくと、プリペイドカード残高が一定額を下回った時点で、自動的にエポスカードから設定金額がチャージ(入金)されます。

オートチャージ設定にしておくことにより常に一定の残高がキープされるため、残高が不足する心配は少なくなりますが、自分が累計でどのくらいの金額を使ったか把握しにくくなるというデメリットもありますので、カードの使いすぎにはくれぐれも注意してください。

エポスポイントを貯めたい人向け

エポスカードの利用額200円につき、1ポイントが貯まります。貯まったエポスポイントは1ポイント1円に換算して、エポスVISAプリペイドカードの残高にチャージして使えます。

また、エポスポイントは丸井商品券をはじめ、QUOカードやVJAギフトカードさらに「オトメイトオリジナルグッズ」商品などにも交換できます。

マルイでよく買い物をする方やお気に入りアニメの限定グッズなどが欲しい方にもおすすめできるプリペイドカードといえます。

エポスVISAプリペイドカード

おすすめのプリペイドカード③Kyash

kyash(キャッシュ)は、iPhoneやAndroid端末向けの「スマホ決済アプリ」のうちの1つで、QUICK payにも対応している他、国際的セキュリティー基準「PCI DSS」にも準拠するなどの高いセキュリティが評判のカードです。

また、プリペイドカードとしては高いポイント還元率である1%(100円で1ポイント)が付与されるのに加え、「プリペイドVISAカード」(kyash card)でのタッチ決済や、ネットショッピング時の決済でもサイトに制限なく使用できます。そのため、kyashはとても汎用性の高いカードといえるでしょう。

年会費やチャージは手数料無料

kyashは年会費無料で利用できるうえ、チャージ手数料もすべて無料です。また、与信審査もなく年齢に制限もないため、誰でも利用することが可能なプリペイドカードです。

また、「プリペイドVISAカード」に、クレジットカードの情報をひも付けて登録しておくことにより、自動で残高へのチャージすることが可能です。

チャージの種類が豊富

kyashのチャージは、クレジットカードの他、コンビニやセブン銀行ATM、ペイジーなど、たくさんの方法から選択できます。

特にクレジットカードからのチャージを選択すればポイントの2重取りが可能ですし、クレジットカードとkyashをひも付けておけばどの通販サイトで決済した時でもポイント還元率の合計が2%以上になるため、とてもお得です。

ただし、チャージに対応しているのは「VISA」または「Mastercard」ブランドのクレジットカードのみで、その他の「JCB」カードなどは対象外なので注意してください。

国内でも海外でも使用可能

kyashは、国内・海外問わずVISA加盟店で使うことができます。

また、支払いや送金などでお金に動きがあった場合にもその都度リアルタイムで利用明細の通知がスマホに送られてくるため安心ですし、万が一不正利用されてしまった場合にも、いち早く気づくことができます。

このように、kyashは年齢制限なく持つことができて、リアルタイムで利用履歴を確認することもできるため、未成年者や高校生のお小遣い管理にも適したカードといえます。

kyashプリペイドカード
 

おすすめのプリペイドカード④dカードプリペイド

ドコモユーザーの皆さんおなじみ、NTTドコモの提供するクレジットサービスであるdカードプリペイドは、与信審査なし・発行手数料や年会費共に無料で作れるプリペイドカードです。

12歳以上の人であれば、誰でも申し込みできます。全国のiD加盟店の他、Mastercardの加盟店でも利用することが可能です。

また、ショッピングの度に「dポイント」(200円で1ポイント)を貯めることが可能で、なんと、ローソンで1回ごとのショッピング金額の3%が翌月中旬にお手持ちのdカードプリペイドに自動でチャージされるため、便利でお得に利用することのできるカードと言っても過言ではありません。

ドコモユーザーは電話料金と合算して支払いが可能

dカードプリペイドを利用しているドコモユーザーの方に限り、ドコモの携帯電話料金とdカードへチャージした金額を合算して支払うことのできるd払い/ドコモ払いを選択することができます。

チャージは30万まで可能

dカードプリペイドへのチャージ上限額は30万円で、1日あたりのチャージ上限額も30万円です。チャージはドコモのマイページやセブン銀行ATM、ローソン店頭からのチャージが可能です。

ローソン店頭でのチャージの場合、現金で1回につき1,000円から1円単位で49000円までチャージすることができます。ローソンのレジの店員さんにカードとチャージしたい分の現金を渡すと、その場でチャージしてもらうことができます。

また、貯めたdポイントから「1ポイント1円」でチャージすることもできます。

dポイントを貯めたい人向け

dポイントは「マクドナルド」や「ミスタードーナツ」など、加盟店も多いため、比較的貯まりやすいポイントといえます。さらに、貯まったdポイントを使えば、ローソン設置のLoppiで「おためし引き換え券」発行することができます。

また、定価よりもかなりお得に商品を購入できます。

dカードプリペイドはドコモユーザーの方だけでなく、ローソンを頻繁に利用する人にもかなりおすすめできるカードです。

dカードプリペイドカード

おすすめのプリペイドカード⑤au PAYプリペイドカード

au PAYプリペイドカード(旧au WALLET)は、auのユーザーの方やau IDとauじぶん銀行に口座を持っている方が利用できるプリペイドカードです。

国内外のmastercard加盟店でのショッピングで使うことができ、au PAYプリペイドカードでの決済200円(税込み)ごとに「1Pontaポイント」を貯めることが可能です。※海外での利用には、決済額の4%が手数料として支払時に上乗せされます。

チャージ方法が複数ある

au PAYプリペイドカードへのチャージ方法には、Pontaポイント・現金・クレジットカード・au かんたん決済(au利用者のみ)など、複数あります。また、オートチャージ設定も可能です。

なお、1日あたりの現金チャージ上限額は50万円、残高の上限額は100万円です。

ポイントアップ店舗で買い物をすればお得

通常、利用額200円(税込み)ごとに「1Pontaポイント」が付与されますが、「au PAYポイントアップ店」での利用時には、通常時ポイントの0.5%から2.0%upと、さらにお得なポイントが付与されます。

「au PAYポイントアップ店」は、店頭に貼付しているオレンジ色のステッカーが目印になっています。

auユーザーにおすすめ

au PAYプリペイドカードを利用して貯めたPontaポイントは、au携帯の利用料金や機種変更の際の料金の支払いの際にも利用することができます。

さらに、「au PAYマーケット」でのインターネットショッピングでの利用時には、商品代金の最大10%がauの利用料金から割引される「お買い物特典プログラム」も適用されます。

また、一部のau ショップ内に設置されている「au SaKuTTO」(待ち時間なく自分で手続きできるセルフ端末)を使えば、au料金の支払いやau PAYプリペイドカードへのチャージ、残高照会なども簡単にできます。

auユーザーの方にとっては、間違いなく便利でお得に使えるおすすめのプリペイドカードといえます。

au PAYプリペイドカード

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。