『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】これで解決!カメラが起動しないときの対処法まとめ

【iPhone】これで解決!カメラが起動しないときの対処法まとめ

iPhoneを購入する多くのユーザーは、iPhoneを選ぶ理由として、カメラ機能の高性能さを挙げることがあります。Androidスマホのカメラ性能も、機種やメーカーによってはiPhoneと同じように高性能なものがあります。

しかし、カメラアプリの使いやすさや、SNSアプリとの連携機能など、iPhoneには魅力溢れる機能がたくさんあります。Instagramに投稿される写真の多くも、iPhoneのカメラで撮影されたものです。

カメラ機能は、iPhoneの「命」と言っていいほど重要なものですが、そのカメラが起動しないという問題が生じることがあります。原因は何でしょうか。どんな対処法があるでしょうか。この記事で詳しく解説します。

【iPhone】カメラが起動しない原因は?

iPhoneは、Android端末と比べ信頼性や安全性が高いデバイスだと言われています。Apple社がiPhoneの開発、製造、販売を一貫して行っているため、自社製品を知り尽くしています。

Apple製品に不備や不具合があることが分かると、アップデートプログラムを提供し、問題の解決に素早くあたります。

ユーザーが、いつも快適にApple製品を利用できるように、しっかりとしたサービスとバックアップ態勢をとっていることが、Apple製品であるiPhoneの強みと言えます。しかし、この世の中に完璧なものは存在しません。

信頼性と安全性で高い評価を得ているiPhoneも同様です。iPhoneの「命」とも言えるカメラ機能が作動せず、写真が撮れないという問題がユーザーの間で生じることがあります。原因は何でしょうか。考えられる原因は4つあります。

iOSが古い

iPhoneのカメラが作動しない、最初の考えられる原因は、使用しているiPhoneのiOSが古いことです。古いバージョンのiOSを使用し続けることは、デジタルテレビしか利用できない世界で、アナログテレビを使うようなものです。

iPhoneは最新の機能やサービスを次々に発表し、全てのiPhoneユーザーが利用できるように、アップデートプログラムを提供します。

またこれまで生じていた、iOSの不具合やエラー、そして脆弱性の問題を改善する目的も、アップデートプログラムには含まれています。そのためiOSを最新の状態に保っておくことはとても重要です。

それをしないと、カメラ機能が使えなくなるかもしれません。

メモリの容量不足

iPhoneのカメラが作動しない、考えられる2番目の理由は、メモリの容量が足りないことです。メモリはiPhoneのスペックで重要な役割を担っています。

iPhoneの「頭脳」であるCPUがデータ処理や計算を行うために「作業台」として必要なのがメモリです。メモリ容量が大きければ、たくさんのデータを同時に処理できます。

メモリの容量が小さければ、同時に処理できるデータ量は限られてしまいます。たとえメモリ容量が大きくても、たくさんのアプリを同時に起動すれば、「作業台」で処理できる以上のデータが載せられることになり、端末の操作不良やフリーズを引き起こします。

当然メモリ容量が不足すれば、iPhoneのカメラ機能にも影響を与えます。

カメラアプリに問題がある

iPhoneのカメラが作動しない、考えられる3番目の原因は、iPhoneのカメラアプリに問題があることです。どれだけ高性能なカメラを搭載していても、それを操作するために必要なアプリに問題があれば、カメラは起動しません。

本体の不具合

iPhoneのカメラが作動しない、考えられる4番目の理由は、iPhoneそのものに問題があることです。当然のことですが、カメラはiPhoneと連動するので、iPhoneに問題があればカメラは起動しません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。