スマホで見つける、もっと可愛い私

YouTubeで「エラーが発生しました」と表示されたときの対処法!

YouTubeで「エラーが発生しました」と表示されたときの対処法!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

タブを閉じる

使用しているブラウザのタブが多いと動作が遅くなったり、「エラーが発生しました」と表示される頻度が多くなります。

タブの数が多いほどエラーが表示される回数が多くなるので、YouTubeを開いている画面以外のタブを閉じましょう。

もし仕事などでどうしても閉じたくないタブがあれば、タブがない別のブラウザで視聴するのも方法の一つです。

タブを閉じるだけで動作が良くなることもあるので、YouTubeの動画を視聴する際は使わないタブを減らしておきましょう。

ブラウザを変更する

使用するブラウザを変更すれば、ブラウザで不具合やトラブルなどが起きてもYouTubeの動画を視聴できるようになります。

もし少しでもブラウザの調子が悪く感じるのであれば、別のブラウザを使用するのもおすすめです。

特にYouTubeのエラーはInternet Explorerで起こるケースが多数報告されています。

Internet Explorer以外のものに変えることでエラーが発生しなくなるのであれば、ブラウザ自体の問題である可能性が高いので、一時的に他のブラウザを使用して様子をみましょう。

ブラウザにはInternet ExplorerやGoogle Chrome以外にもさまざまなものがあります。

  • Firefox(ファイヤーフォックス)
  • Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)
  • Safari(サファリ)

ブラウザはネット上にたくさん存在しているので、「ブラウザ おすすめ」などのワードでどんなものがあるか検索してみましょう。

ページの表示が早いものや起動に時間がかからないものを選ぶと、YouTubeの動画を快適に視聴できるかもしれません。

ト

もしどのブラウザを使用すればよいか分からないのであれば、Yahoo!などのなじみのあるサイトをブックマークして使用するのもおすすめ!

Yahoo!ではホーム画面で動画検索ができるので、YouTube内の動画が見つかりやすくなっています。

ブラウザによっては使える機能やアイコンの配置などが異なるかもしれませんが、基本的に操作方法は変わらないので、ほぼいつもどおりの状態で動画を視聴できるでしょう。

ブラウザを最新バージョンにする

ブラウザにもスマホのアプリのように、定期的に最新バージョンにする機会があります。

ブラウザを最新バージョンにすれば不具合が直る可能性があるので、まだ更新されていない場合は更新してみると良いでしょう。

Google Chromeでは設定画面にある「Chromeについて」から更新できます。

ト

もし更新されていれば最新バージョンだと表示されるので、一度確認してみましょう。

ドライバを更新

どの対処法を試してもダメな場合は、パソコンのドライバを更新してみると改善されるかもしれません。パソコンのドライバにはパソコン自体のトラブルや不具合を改善させる目的もあるため、更新するだけでYouTube動画が視聴できるようになるでしょう。

ドライバーはコントロールパネルにある「ハードウェアとサウンド」から更新できます。

ト

ハードウェアとサウンドを開いたらデバイスとプリントにある「デバイスマネージャー」を開きましょう。

ト

ドライバーの更新は、動画視聴に必要なオーディオとディスプレイ関係のものだけで十分です。

ドライバ画面

  • オーディオの入力および出力
  • サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー
  • ディスプレイアダプタ

上にある3つのドライバを更新すれば、YouTubeの動画が視聴できるようになるかもしれません。

ドライバを更新

ドライバを選択するとプロパティ画面が表示されます。表示された後、「ドライバの更新」を選択して更新させましょう。

またタスクバーなどに音声や動画関係のトラブル通知が出ている場合は、エラー内容に対してトラブルシューティングをかける必要があります。

パソコンのエラーもYouTubeの動画が視聴できない原因になるので、通知がある場合はトラブルシューティングをかけて改善させましょう。

YouTubeで「エラーが発生しました」と表示されたときの対処法《スマホ》

スマホでYouTubeで「エラーが発生しました」と出たときは、この項目の対処法を参考にしましょう。

スマホで起こるエラーは再起動や設定などの見直しで改善されることがあります。

対処法によっては時間がかかったり準備が必要な場合もあるので、1つずつ確認してみるのがおすすめです。

機内モードを確認

スマホが機内モードになっていると、通信などの機能が制限されてしまいます。

機内モードは画面上のステータスバーからでもオフにできるので、オンになっていないか確認してみましょう。

ステータスバーにある機内モード

機内モードをオフにしたら、再びYouTubeの動画が視聴できるか確認するのがおすすめです。場合によっては機内モードが原因ではないこともあるので、もし直らないのであれば他の対処法を試しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。