『かわいい』が生まれる場所。

【iPad】寿命かな?バッテリーの交換時期の目安や金額について解説!

【iPad】寿命かな?バッテリーの交換時期の目安や金額について解説!

iPadに使われているリチウムイオンバッテリーには、「寿命」があります。

リチウムイオンバッテリーは、他のバッテリーと比べるとサイズが小さく、一回の充電で長持ちする優れものです。しかし、バッテリーは消耗品なので、年数が経つと寿命を迎えてしまいます。

iPadを長く使用している人の中で、

「iPadのバッテリーは、どのくらいを目安に交換したら良いの?」
「バッテリー交換にはどのくらいの金額がかかるの?」

と気になる人も多いのではないでしょうか?

今回は、iPadのバッテリー交換の目安から交換費用まで徹底解説していきます。電池の減りが早いと感じている方は、ぜひチェックしてみてください!

iPadのバッテリー交換の目安は?診断アプリを使いたい!

バッテリーは消耗品なので、おおよその寿命を把握しておくことが大切です。ここでは、下記3つの内容について解説します。

  • 普通に使って3年程経過したら
  • 店舗で確認してもらう
  • 基本的に診断アプリは使えない!

それでは、詳しく見ていきましょう。

普通に使って3年程経過したら

iPadのバッテリー寿命は、約3年と言われています。(使用頻度によるので、あくまでも目安です)

iPadは、iPhoneのように携帯としてではなく、家で使うことが多いため、比較的長持ちしやすい傾向があります。中には、4年以上使っている人も珍しくありません。

iPadのバッテリー寿命が短くなってしまうのは、充電回数が多いことが原因です。充電回数が「1000回程度」で使用年数2年と言われてるので、頻繁に使う人は3年も持たず、買い換える人がいます。

ちなみに、充電回数が500回を超えると、充電の劣化が起こると言われています。充電を繰り返すと、徐々に満充電にしたときの容量が減っていくので、長く使っていくとバッテリーの減りを早く感じるようになります。

店舗で確認してもらう

バッテリーの寿命に問題があるのかどうかが分からない場合は、店舗へ直接行って確認してもらう方法があります。

iPadの修理ができるお店にお願いすれば、アップル製品に詳しいスタッフが対応してくれるので、自分で確認するよりも正確な目安を教えてくれます。

基本的に、無料でバッテリーの診断をしてくれるので、バッテリーの劣化が気になる方は一度店舗へ訪ねてみると良いでしょう。

店舗で確認してもらうと、ついでに修理もお願いできます。診断後にバッテリーの交換作業もすぐ対応してくれるので、早くiPadのバッテリーの問題を解決したい人におすすめです。

店舗で確認してもらう場合は、先に修理店に問い合わせをして予約しておくと良いでしょう。予約しないと、混んでいるときは数時間待つことになる場合があります。

基本的に診断アプリは使えない!

iPhoneであれば、デフォルトで入っている設定アプリからバッテリー診断ができます。しかし、iPadのアプリでは、バッテリー診断が使用できない状態となっています。

iPadとiPhoneに共通したバッテリー項目の使用方法は、以下のとおりです。

バッテリー寿命の確認方法

  1. iPadのデフォルトアプリ「設定」を開く
  2. 項目にある「バッテリー」を開く

iOS11までが搭載されたiPadであれば、バッテリーの状態を自分で確認できます。しかし、iOS12以降のiPadの場合、「バッテリーの状態」という項目が無くなっているため、バッテリー状態の確認ができなくなってしまいました。

インターネットで、「iPadバッテリーの診断アプリ」で調べていると、「アプリを使って調べることができる」という情報がたくさん出てきますが、現時点では自分でバッテリー状態を確認する方法はありません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。