『かわいい』が生まれる場所。

【お金をもっと自由に】個人間送金アプリ・サービスを紹介するよ!

【お金をもっと自由に】個人間送金アプリ・サービスを紹介するよ!

友達や家族とのお金のやりとりをするときに便利なのが「個人間送金サービス」です。

個人間送金サービスの利用を考えている人の中で、「個人間送金できる専用のアプリ知りたい」という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、大手の個人間送金アプリと機能性に特化した個人間送金アプリを紹介します。どのアプリを使おうか迷っている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

個人間送金とは?

そもそも個人間送金とはいったい何なのでしょうか。ここでは、以下の2つの内容について説明します。

  • 個人間送金とは
  • 個人間送金機能の仕組みってどうなってるの?

それでは、詳しく見ていきましょう。

個人間送金とは

個人間送金とは、スマホアプリを使って個人の間でお金のやり取り(送金)をすることです。銀行振り込みとの違いは、次のようになります。

銀行振込み 個人間送金
口座番号を知る必要がある 口座番号を知らなくても友達登録で送金できる
手続きは銀行の営業時間内にする必要がある 営業時間外や休日でも送金できる
手数料がかかる 基本的に手数料は無料

個人間送金は銀行を通さないので、スピーディーな送金が可能です。

個人間送金機能の仕組みってどうなってるの?

個人間送金機能は、個人の間で送金します。そのため、振り込みのようにコンビニや銀行のATMを介する必要がありません。個人間送金サービスが使える業者は、大きく下記の3種類に分けられます。

①資金移動業者
銀行以外で、振込や送金などの為替取引を行うことができる業者。
(例)LINE Pay
②前払式支払手段発行者
プリペイドカードのように、現金と同様に利用できるギフト券を発行する業者。
(例)PayPay、楽天ペイ、Kyash
③収納・電子決済代行業者
送金したい人の支払いを代行して行う業者。
(例)Money Tap、J-Coin Pay

ちなみに、個人間送金は「P2P金融サービス」とも言われます。

P2P(peer-to-peer)とは、対等の者(Peer)同士が通信をする方式のこと

つまりP2P金融サービスとは、パソコンやスマートフォンを通していつでもどこでも送金ができるサービスのことを言います。

個人間送金を行う前に準備しておくこと

ここでは、個人間送金を行う前に必要な2つの準備を紹介します。

  • アプリをインストールしておこう
  • 銀行口座やクレジットカードを準備しよう

それでは、詳しく見ていきましょう。

アプリをインストールしておこう

個人間送金を使うには、専用のアプリをインストールする必要があります。送金相手と同じアプリをインストールしましょう。

例えば、送金相手がPayPayを使っている場合は、PayPayをインストールします。違うアプリからの送金ができないので注意しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。