『かわいい』が生まれる場所。

【方法は色々】iPhoneの写真を削除する方法を詳しくご紹介!

【方法は色々】iPhoneの写真を削除する方法を詳しくご紹介!

iPhoneは高性能のカメラが搭載されていることもあり、デジカメの代わりにiPhoneで写真を撮影している方はたくさんいます。

しかし、写真を撮影しすぎるとiPhoneのストレージ容量を圧迫してしまうため、不要な写真はこまめに削除することが大切です。

写真を削除する方法は複数あるので、削除方法を一通り覚えておくとストレージ容量が少なくなってきた時に役立つでしょう。

そこで今回は、iPhoneの写真を削除する方法ついて詳しく解説していきます!

また、間違えて写真を削除してしまった時に復元する方法も一緒にご紹介します。

【iPhone】写真を削除する前に!準備しておこう!

まずは、写真を削除する前に準備しておくことを確認しておきましょう。

念のため別の場所に保存しておく

ストレージ容量を節約する目的で写真を削除するのであれば、念のためPCのハードディスクやUSBメモリ、iCloudなどのオンラインストレージなど別の場所に写真を保存しておきましょう。

そうすれば、iPhoneから間違えて写真を削除してしまっても、バックアップを取っておいた場所からiPhoneへ写真を転送して復元することができます。

「自分のフォトストリーム」と「カメラロール」は別物

「写真」アプリを開くと「自分のフォトストリーム」と「カメラロール」が表示され、フォルダの中を見てみるとどちらも同じような写真が保存されている場合があります。

ですが、この2つのフォルダは別物であることを理解しておいて下さい。

そもそもフォトストリームとは、iPhoneで撮影した写真を同じApple IDにサインインしているiPadやPCと共有できる機能のことで、共有した写真が「自分のフォトストリーム」というフォルダの中に保存されます。

それに対して、「カメラロール」に保存されているのはその端末で撮影した写真のみです。

カメラロールの写真は他の端末と共有されないので、写真を削除しても他の端末のカメラロールに影響はありません。

一方、「自分のフォトストリーム」に保存されている写真は同じApple IDにサインインしている他の端末とも共有されているため、写真を削除してしまうと他の端末の「自分のフォトストリーム」からも同じ写真が削除されてしまいます。

iPhoneの写真を削除する際は、その点を理解した上で慎重に行って下さい。

【iPhone】写真の削除方法は大きく分けて4つ!

iPhoneの写真を削除する方法は、大きく分けて以下の4通りあります。

  • 一枚ずつ削除する方法
  • 複数を選んで削除する方法
  • アルバムごとに削除する方法
  • バックアップ機能を使って一括削除する方法

では、以上の4通りの削除方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

一枚ずつ削除する方法

写真を一枚ずつ削除する方法は以下の通りです。

「写真」アプリを開いたら、カメラロールを開きます。

写真が一覧で表示されたら、削除したい写真をタップしましょう。

カメラロールを開く

写真が表示されたら、画面右下のごみ箱のアイコンをタップして下さい。

ごみ箱のアイコンをタップ

ダイアログが表示されたら、「写真を削除」をタップします。

「写真を削除」をタップ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。