『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】トーク履歴はテキストで保存できる!方法と注意点をご紹介

【LINE】トーク履歴はテキストで保存できる!方法と注意点をご紹介

LINEアプリは、友だちや家族とのコミュニケーション手段としてだけでなく、顧客や取引先との連絡手段として活用されることもあります。

これまでのやり取りをテキストファイルという形で抽出してプリントアウトできれば、チャット履歴を一目で確認できるだけでなく、大切な箇所はマーカーでなぞって分かりやすくすることもできるので便利です。

スマホ上でスクロールしながらチャット履歴をチェックすることに比べれば、はるかに効率的です。トーク履歴をテキストファイルで保存することには他にもメリットがあります。

この記事で詳しく解説します。

【LINE】トーク履歴をテキストファイルで保存するメリットは?

ビジネスツールの1つとして活用されることも多いLINE。

大切なトーク履歴の保存法としてデジタル化された状態での保存と、テキストファイル化されたものをプリントアウトして保存する方法の両方を行っている人は多いでしょう。

LINEのトーク履歴をテキストファイル化することには他にもメリットがあります。ここでは、2つのメリットを紹介します。

いろいろな端末から確認しやすい

LINEのトーク履歴をテキストファイル化して保存することには、いろいろな端末から確認できるというメリットがあります。LINEは、iPhoneでも、Androidでも、PCでも利用できます。

iPhoneとPCでLINEを併用することも、AndroidとPCでLINEを併用することも可能です。ただ、iPhoneとAndroidを同じLINEアカウントで併用することはできません。

でもトーク履歴をテキストファイル化して共有できれば、iPhoneで抽出したトーク履歴をセカンドスマホとして使っているAndroid端末で見ることができるようになります。

手軽に保存ができる

LINEのトーク履歴をテキストファイル化して保存することには、もう1つのメリットがあります。それは、LINEアプリ上で簡単にテキストファイル化して保存できることです。そのため、いつでも気軽に特定のトーク履歴のテキストファイル化が行えます。

【LINE】トーク履歴をテキストファイルで保存する方法

では実際に、LINEのトーク履歴をテキストファイルに変換して保存する方法を説明します。トーク履歴をテキストファイル化して保存する操作方法は、iPhoneもAndroidも同じです。

ただ、PC版LINEでの操作方法は異なります。それぞれのデバイスでLINEのトーク履歴をどのようにテキストファイル化して保存するかを順番に説明していきます。最初に取り上げるのはスマホです。

スマホでの保存手順

ホーム画面にある「LINE」アプリを開きましょう。

LINEアプリ

「LINE」アプリのトップ画面が立ち上がります。画面の下メニューの中から「トーク」タグを選びタップしましょう。

トークタブ

「トーク」画面が立ち上がります。表示されているトーク履歴のあるユーザーの中からテキストファイル化したいものを選びタップしましょう。

ユーザーの選択

選択したユーザーのトークルーム画面が表示されます。画面の右上に表示されている「≡」をタップしましょう。

メニュー

選択したユーザーの画面が立ち上がります。表示されている項目の中に「その他」があるのでタップしましょう。

その他

「その他」画面になります。画面に表示されている項目の中に「トーク履歴を送信」があるのでタップしましょう。

トーク履歴を送信

テキストファイル化したトーク履歴の送信先の候補が表示されるので、希望するものを1つ選択しタップしましょう。

送信先の選択

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。