スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】写真が読み込めないと表示された場合の原因と解決方法をチェック!

【iPhone】写真が読み込めないと表示された場合の原因と解決方法をチェック!


保存形式を確認する

写真は「JPG」「PNG」「GIF」など様々な保存形式がありますが、この保存形式が原因で写真が読み込めないケースもあります。

デバイスによって対応している保存形式はそれぞれ異なります。

保存形式が対応していないと写真を読み込むことができません。

保存形式が原因で読み込めない場合は、「ペイント」や「Adobe Photoshop」などのソフトを使って、PCに対応している保存形式へ変換する必要があります。

OSをバージョンアップする

USBケーブルや保存形式に問題がないのに読み込めない場合は、OSのバージョンアップを忘れていることが原因かもしれません。

OSのバージョンが古いと様々な不具合が起こりやすくなるため、OSは常に最新状態を保つようにしてください。

Windowsの場合

  1. 画面左下のスタートボタンをクリック。
  2. 「設定」をクリック。
  3. 設定画面を開いたら、「更新とセキュリティ」を選択。
  4. 左メニューの「Windows Update」をクリック。
  5. 「更新プログラムのチェック」をクリックし。
  6. アップデートが可能な場合は、「今すぐインストール」をクリック。

OSのアップデートが始まるので完了するまでしばらく待ちます。

アップデートが完了したら「今すぐ再起動する」をクリックし、PCを再起動してください。

Macの場合

  1. App Store を起動したら、画面上部の「アップデート」をクリック。
  2. 「macOS」のアップデートが提供されている場合は、「アップデート」をクリック。

すると、macOSのアップデートが始まるので完了するまでしばらく待ちます。

再起動を促す確認ダイアログが表示された場合は「はい」を選択し、Macを再起動してください。

写真が読み込めない原因を理解して対処法を試そう

iPhoneの写真が読み込めないのは、ストレージの容量不足や通信環境の問題、端末やアプリの不具合など原因は様々です。

まず、なぜこのような問題が起きているのか原因を見極め、それから適切な対処方法を試していきましょう。

WindowsなどiPhoneとOSが異なる端末で写真を取り込む場合、写真の保存形式に対応していないことが原因で読み込めない場合もあるります。

注意しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。