『かわいい』が生まれる場所。

Instagramが対応している動画の容量やサイズは?変更方法も!

Instagramが対応している動画の容量やサイズは?変更方法も!

日々進化を遂げるInstagram。今では写真も動画も投稿できるSNSアプリとして、多くのユーザーに利用されています。

ただし、投稿できる動画の容量やサイズには縛りがあります。したがって、大きい容量の動画の場合は、撮影後に投稿可能なサイズに変更しなければなりません。どのようにサイズ変更するのでしょうか?この記事で詳しく説明していきます。

【Instagram】対応しているサイズ・容量は?

Instagramで動画を投稿する方法は4つあります。フィード、ストーリーズ、リール、IGTVです。

動画は写真とは違いデータ容量が大きく、投稿したい動画の長さによってデータ容量は大きく変わります。短い動画を共有したいと思うユーザーもいれば、少し長めの動画を投稿したいというユーザーもいます。

異なるユーザーのニーズに応え、なおかつ投稿をスムーズに行えるようにするため、Instagramは4つの動画投稿の方法を採用しているわけです。

さて、具体的にフィード、ストーリーズ、リール、IGTVで投稿できる動画のサイズや容量にはどんな条件があるのでしょうか?

容量

Instagramで投稿できる動画の容量について以下にまとめます。

種類 サイズ
フィード 4GB未満
ストーリーズ 4GB未満
リール 4GB未満
IGTV 650MB(10分以内)5.4GB(10分以上60分未満)

長さ・サイズ(アスペクト比)・ファイル形式

Instagramで投稿できる動画には他にも条件が設定されています。動画の長さ、アスペクト比、ファイル形式です。それぞれ、どんな条件なのかを1つずつ以下にまとめて紹介します。最初は動画の長さです。

種類 長さ
フィード 1秒~1分
ストーリーズ 1秒~15秒
リール 1秒~15秒
IGTV 1分~1時間

次はアスペクト比です。

種類 アスペクト比
フィード 正方形(1:1)、横型(1.91:1)、縦型(4:5)
ストーリーズ 正方形(1:1)、横型(1.91:1)、縦型(4:5)
リール 正方形(1:1)、横型(1.91:1)、縦型(4:5)
IGTV 縦型(9:16)、横型(16:9)

次はファイル形式です。

種類 ファイル形式
フィード 「.mp4」または「.mov」
ストーリーズ 「.mp4」または「.mov」
リール 「.mp4」または「.mov」
IGTV 「.mp4」

Instagramアプリから撮影すれば自動的にサイズ調整してくれる

Instagramに動画を投稿する際は、iPhoneやAndroidスマホの「カメラ」アプリを使って動画を撮影し、その後必要であればサイズや容量の変更をしてInstagramに投稿することができます。

ただし都度調整するのって少し面倒でもありますよね。そんな時は、Instagramアプリ内に搭載されているビデオ機能を使って投稿すれば、アプリが動画を自動的に最適サイズに調整してくれるので、サイズ調整を行う手間が省けます。

スマホを縦にして動画を作成すると、動画の作成後自動的に「4:5」という縦長長方形にサイズダウンされます。スマホを横に倒して動画を作成すると、動画の作成後自動的に「1.91:1」という横長長方形にサイズダウンされます。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。