『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】アバター機能を使おう!初心者にも分かりやすく解説するよ!

【LINE】アバター機能を使おう!初心者にも分かりやすく解説するよ!

チャット感覚で気軽にメッセージをやり取りできる、人気コミュニケーションアプリの「LINE」。

LINEでは2020年9月末に「アバター」という機能が新しく追加されました。

作成したアバターはLINEのプロフィール画像や背景画像などに設定することが可能です。

他にも色々な使い道があるのですが、またこの機能を使ったことがなくて作成方法などが分からない…という方もいるでしょう。

今回この記事では、LINEのアバター機能の使い方について、初心者にも分かりやすく解説していきます!

【LINE】アバターとは?こんなときに使える!

まずは、LINEのアバターとは一体どういった機能なのか解説していきます。

顔写真から自分専用のオリジナルキャラクターが作れる機能

顔写真から自分専用のオリジナルキャラクターが作れる機能

引用:LINEみんなの使い方ガイド

LINEのアバター機能とは、顔写真から自分専用のオリジナルキャラクターが作れる機能のことです。

LINEアプリ内のカメラで自分の顔を撮影すると、それを元にアバターが自動で作成されます。

また、過去に撮影した顔写真を使って作成することもできますよ。

アバターを作成した後でも髪型や髪色、服装、顔のパーツなどをカスタマイズできるので、より自分好みのアバターに仕上げていくことも可能です!

なお、この機能はLINEのバージョンが10.16.0以降にアップデートされていないと使えないので、バージョンが古い場合は先にアップデートを行いましょう。10.16.0以降にアップデートされていても、スマホの機種が古いと使えない場合があるので注意して下さいね。

顔写真を使いたくないときにおすすめ!

自分の顔が写っている写真をプロフィール画像などで使いたくない時は、代わりに作成したアバターを設定するのがおすすめです。

作成した自分の分身は、プロフィール画像や背景画像に設定したり、トークやタイムラインで使用したり、ビデオ通話時に表示させたりすることができます。

この機能を活用することで身バレを軽減しつつ、自分らしさを表現することが可能になります。

【LINE】アバターの作成方法

LINEのアバターを作成する方法は、以下の2つの方法があります。

  • 顔写真を撮影して作成する
  • 顔写真を撮影しないで作成する

では、以上の2つの作成方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

顔写真を撮影して作成する

LINEアプリ内のカメラで自分の顔を撮影すれば、それを元にアバターが3種類作成されます。

顔写真を撮影して作成する場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

操作手順

  1. LINEアプリを起動したら、ホーム画面の自分のプロフィールアイコン、または名前をタップ。
  2. 自分のプロフィール画面を開いたら、「アバター」を選択。
  3. 「作成」を選択。
  4. カメラが起動するので、枠内に自分の顔が入るようにして撮影。
  5. 写真をもとに自動生成されたアバターが3種類表示されるので、その中からお好みのものを選択して「追加」をタップ。

引用:LINEみんなの使い方ガイド

これで作成完了です。

なお、今後は「自分のプロフィール画面」→「アバター」→「マイアバター」で編集や削除などを行えます。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。