『かわいい』が生まれる場所。

【iTunes】Windowsでインストールする方法を解説するよ

【iTunes】Windowsでインストールする方法を解説するよ

この記事では、WindowsのPCを使ってiTunesをインストールする方法について焦点を当てながら特集していきます。

iTunesはAppleが提供している音楽管理アプリです。Macに標準搭載されていることがほとんどなので、Macユーザーに関しては、自分からPCに追加したことが無い方も多いでしょう。

Appleのアプリですので、一見Windowsでは使えないのかと勘違いしてしまいがちですが、WindowsのPCであっても問題なく利用可能です。PCでたくさんの楽曲を管理している方や、PCに音楽をインポートしてライブラリを構成したいという方には間違いなく役立つアプリになります。

まだ追加していない方は、是非こちらの記事を参考にしてダウンロード・インストールまで完了させましょう。事前にチェックしておくべきこと、初期設定、バージョンアップのやり方も説明します。

MacからWindowsにPCを変更したという方も必見です。それでは早速説明に入りましょう。正しく追加してiTunesで音楽管理を快適にしてください。

【iTunes】インストールする前に!確認しておきたいこと

インストール手順の紹介をする前に、まずはチェックしておきたいことを説明します。基本的にPCへ導入した時点で正しく使える環境であることが必要です。

アプリを入手する前に、利用しているPCがあまりにも古いバージョンである場合は、トラブルが発生してしまう可能性もありますので、理解した上で操作をしていきましょう。

確認しておきたいこととして全部で2つのポイントを挙げておきます。WindowsのPCで、アプリのインストールに適切な状態であることを確認できた時点で本題に入ることがおすすめです。

まだ今まで1度もiTunesを導入したことがないという方は、以下の項目に必ず目を通してから操作を進めてください。

iTunesの対応環境を確認しておこう

それでは、対応環境の確認からスタートしましょう。ダウンロードからインストールまでできたとしても、対応しているPCでない場合はアプリ自体がクラッシュしたり、正常に起動しなかったりします。

現行のバージョンを使用する場合は、Windows7よりも新しいOSが搭載されたPCを使う必要があります。RAMに関しては512MB以上が必要になりますが、4GB以上のRAMが一般的になっていると思われますのであまり心配いりません。

また、ストレージに空き容量が400MB必要になりますので、ぎりぎりの状態で操作しないことが重要です。ソフト追加時に限らず、こまめにストレージ容量を確保しておくことをおすすめします。

もちろんインターネット回線につないだ上で操作してください。自宅など安定したWi-Fiネットワークを使用すると良いでしょう。

PCにiTunesがない状態でiPhoneなどを繋ぐとどうなる?

iPhoneのデータを同期させる目的の場合、iTunes無しでPCに繋げることはできないのかと疑問に思う方も多いはずです。物理的にPCはiPhoneを認識できますが、画像を読み取る以外の動作(バックアップファイルなど)が細かく行えません。

音楽やアプリ、連絡先一覧などを適切に同期させたいのであれば、iTunesを使うことで可能となります。安定した状態でデータのやり取りを行うためにも、iTunesを使った方が便利で快適です。

意図しないタイミングでのデータ消失を防ぐためにも、ぜひ覚えておいてください。

【iTunes】インストールする方法はこちら!

確認事項をチェックしたら、いよいよ本題に入っていきましょう。WindowsのPCに追加する手順を説明します。意外と簡単にできてしまいますので、まず覚えてしまいましょう。

現時点では、やり方は2通りあります。以下それぞれ種類別に手順を説明しますが、やり方はOSによって異なります。

Apple公式サイトからダウンロード・インストールする場合

1つ目に紹介するやり方は、『Apple公式サイト』からダウンロード・インストールするという方法です。この場合は最初にPCにあるインターネットブラウザを起動することから始めます。

Microsoft EdgeやGoogle Chrome、Firefoxなど、どのブラウザでも結構ですので、普段から利用することが多いものを立ち上げ、Appleのサイトへアクセスしてください。

すぐに入手したいという方は、以下のリンクを活用することをおすすめします。

Windows7や8を使用している方は、このサイト上でダウンロードボタンが表示されます。クリックして任意のフォルダへ保存し、そちらを起動するとインストールが始まります。

インストールが開始されたら、しばらく待機しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。