『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】360度動画の見方や作成・アップロード方法を解説!

【YouTube】360度動画の見方や作成・アップロード方法を解説!

360度動画をVRモードで見るためには

360度動画は、動画プレーヤーの右下に表示されるゴーグルのアイコンをタップすることで、VRモードに切り替えられます。

ゴーグルのアイコンをタップ

VRモードに切り替わると、1画面から2画面の動画に変わります。

1画面から2画面の動画に変わる

この状態でVRゴーグルを装着すれば、まるでその場にいるかのような臨場感あふれる動画をたのしむことができます。

【YouTube】スマホで360度動画を見られない場合の対処法は?

スマホで360度動画を見られない場合は、以下の6つの対処法を試してみて下さい。

  • アプリを使う
  • アプリを最新版にアップデートする
  • OSを最新版にアップデートする
  • ジャイロセンサーが搭載されている機種を使う
  • 画質を調整する
  • スマホを再起動する

では、以上の6つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

アプリを使う

アプリを使う

iPhoneやAndroidなら、YouTubeアプリからでもSafariなどのブラウザからでもYouTubeの動画を視聴できますが、360度動画に関してはスマホのブラウザからでは視聴できません。

そのため、必ずYouTubeアプリから360度動画を再生して下さい。

アプリを最新版にアップデートする

YouTubeアプリのバージョンが古いと新しく追加された機能が使えず、アプリの不具合も解消されないので、それらが原因で360度動画が見られないのかもしれません。

そのため、最新版にアップデートしてからアプリを再起動してみましょう。

iPhoneの場合(iOS 13以降)

  1. 「App Store」を開いたら、画面右上のユーザーアイコンをタップ。
  2. 「利用可能なアップデート」の中に「YouTube」が表示されていた場合は、「アップデート」をタップ。
iPhoneの場合(iOS 12以前)

  1. 「App Store」を開いたら、画面右下の「アップデート」をタップ。
  2. 「入手可能」の中に「YouTube」が表示されていた場合は、「アップデート」をタップ。
Androidの場合

  1. 「Google Play」を開いたら、メニューアイコンをタップ。
  2. メニューの中から「マイアプリ&ゲーム」を選択。
  3. 「YouTube」がアップデートできる場合は、「更新」をタップ。

OSを最新版にアップデートする

アプリは、最新版のOSにアップデートされていることを前提に作られています。

スマホのOSのバージョンが古いと最新版のYouTubeアプリとの互換性がなくなり、アプリに不具合が生じる場合があるので、OSも最新版にアップデートされているか確認してみましょう。

iPhoneの場合

  1. 「設定」を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップ。
  4. 「利用条件」が表示されたら、画面右下の「同意する」をタップ。
  5. アップデートに必要なファイルのダウンロードが終わったら、「インストール」をタップ。

引用:Apple公式サイト

あとは、OSのアップデートが終わるまでしばらく待ちましょう。

Androidの場合

  1. 「設定」を開いたら、「端末情報」をタップ。
  2. 「ソフトウェア更新」をタップ。
  3. 「今すぐ更新」をタップ。
  4. 「インストール」をタップ。

あとは、OSのアップデートが終わるまでしばらく待ちましょう。

アップデートが終わったら「OK」をタップしてスマホを再起動して下さい。

ジャイロセンサーが搭載されている機種を使う

YouTubeの360度動画は、スマホに搭載されている「ジャイロセンサー」と連動することで、スマホを動かして視点を切り替えられます。

ジャイロセンサー:単位時間あたりの回転角度を測定するセンサーのことで、別名「角速度センサー」とも呼ばれています。

ほとんどのスマホにはこのジャイロセンサーが搭載されていますが、格安のスマホには搭載されていない場合があります。

ジャイロセンサーが搭載されていないと、360度動画を視聴すること自体は可能ですが、スマホを動かしても視点を切り替えられないので注意が必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。