『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】360度動画の見方や作成・アップロード方法を解説!

【YouTube】360度動画の見方や作成・アップロード方法を解説!

【YouTube】360度動画を作成・アップロードするには?

ここからは、カメラで撮影した360度動画を作成、YouTubeにアップロードする方法を説明します。

360度カメラで動画を撮影する

360度カメラで動画を撮影する

360度動画を作成するには、360度カメラを使って動画を撮影する必要があります。

360度カメラは様々なメーカーから販売されていますが、その中でも特に人気なのが以下の3つです。

RICOH THETA

Insta360 ONE R

GoPro MAX

どのカメラも高画質な360度動画を撮影することが可能で使いやすいので、誰でも簡単に360動画作成できます。

撮影した360度動画をエンコード

YouTube上で快適に360度動画を表示させるには、YouTubeでの再生に適したデータにするために、撮影した動画のエンコード(データの圧縮)を行う必要があります。

YouTubeが推奨しているエンコード設定は「YouTubeヘルプセンター」に詳しく記載されているので確認して下さい。

メタデータを挿入する

メタデータを挿入する

エンコードが終わったらYouTubeに動画をアップロード…と行きたいところですが、ひとつやらなければいけないことがあります。

なぜなら、動画をそのままアップロードしても360度のVR動画にはならず、平面の動画としてアップロードされてしまうからです。

360度のVR動画としてアップロードするには、「360 Video Metadata」などのソフトを使って、特定のメタデータを動画に挿入する必要があります。

メタデータを挿入することで、アップロードされた動画が360度のVR動画としてYouTubeに認識されます。

操作手順

  1. 「360 Video Metadata」をダウンロード。
  2. ダウンロードしたファイルを実行して、「360 Video Metadata」を起動。
  3. 「Open」をクリックしたら、メタデータを挿入したい360度動画を選択。
  4. 「My Video is spherical(360)」にチェックを入れたら、「Inject metadata」をクリック。
  5. 作成するファイルに名前を付けて保存。

これで、メタデータが挿入された360度動画が元の動画と同じ場所に作成されます。

360度動画をYouTubeにアップロードする

メタデータを挿入したら、YouTubeに360度動画をアップロードします。

操作手順は、普通の動画をアップロードする時と変わりありません。

操作手順

  1. 360度動画の対応ブラウザを開いたら、YouTubeにアクセス。
  2. 画面右上の「ログイン」をクリックしてアカウントにログイン。
  3. 画面右上の「作成」をクリック。
  4. 「動画をアップロード」をクリック。
  5. 「ファイルを選択」をクリックしたら、アップロードする360度動画を選択。
  6. タイトルや説明、サムネイルなど動画の設定を行う。
  7. 「動画の要素」の画面では、動画の最後に流れる「終了画面」と、関連商品やサービスを紹介する「カード」の追加が行えるので、必要な方は設定を行う。
  8. 公開設定と投稿日時を決めたら、「完了」をクリック。

これで、360度動画のアップロードは完了です。

なお、360度動画はアップロードしてから公開されるまでに1時間ほど処理に時間がかかる場合もあるので注意して下さい。

YouTubeで360度動画を視聴・作成してみよう!

YouTubeの360度動画は、画面をタップしたりスマホを傾けたりするだけで好きな方向に視点を切り替えられ、通常の動画では味わえないような臨場感を楽しめます。

なお、360度動画はYouTubeアプリか対応のPCブラウザのみ視聴可能なので、いつもスマホのブラウザから動画を視聴している方は注意して下さい。

また、360度動画を作成する際も、360度カメラの用意やメタデータの挿入など通常の動画とは異なる準備が必要ですが、あとは同じ手順でアップロードするだけでOKなので、慣れてしまえば簡単に動画を作成できます。

ぜひ皆さんも、YouTubeで360度動画を視聴・作成してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。