スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPad】2画面に分割すれば作業効率アップ!3つの機能を解説するよ

【iPad】2画面に分割すれば作業効率アップ!3つの機能を解説するよ

iPadでは、2画面に分割できることを知っていますか?

アプリを切り替えなくても同時に見ることができるので、仕事の資料作成や動画の編集などの作業効率がアップします。

今回は、iPadを2画面に分割する方法と、応用のテクニックまで紹介してきます。

iPadを2画面に分割する方法を知り、マルチタスク機能を使いこなしましょう!

Contents[OPEN]

【iPad】2画面・分割操作ができる機能は3つある

iPadで画面を2画面・分割操作するには、どうすればいいのでしょうか。

まずは、2画面・分割操作ができる機能を3つ紹介します。

  • 今使っているアプリ画面から2つ目のアプリ起動させる「Slide Over」
  • 2つのアプリを表示・操作できる「Split View」
  • 画面を小さくして別のアプリ操作ができる「ピクチャ・イン・ピクチャ」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

今使っているアプリ画面から2つ目のアプリ起動させる「Slide Over」

Slide Over

Slide Over(スライドオーバー)は、アプリの手前に別のアプリを小さく表示できる機能です。

開いているアプリの手前にもうひとつのアプリを細長い画面で表示し、両方を同時に操作できます。

2つのアプリを表示・操作できる「Split View」

Split View

Split View(スプリットビュー)は、画面を分割して2つのアプリを表示できる機能です。

画面を半分に分割して2つのアプリを表示します。

真ん中の区切りを左右にドラッグして、両方のアプリを表示する比率を変えることもできます。

画面を小さくして別のアプリ操作ができる「ピクチャ・イン・ピクチャ」

ピクチャ・イン・ピクチャは、動画をほかのアプリの上に重ねて表示できる機能です。

画面の端に小窓で動画を表示できます。

注意!上下分割はできない

iPadでは、縦に画面分割(2画面表示)をすることはできません。

iPadは、横にして使うことが多いですが、縦が標準の仕様となっています。

そのため、iPadの画面を左右で分割にするとそれぞれの画面は横幅が細くなり、見にくくなってしまうのです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。