スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhoneカメラ】フラッシュ設定・点灯させ続ける方法を解説!

【iPhoneカメラ】フラッシュ設定・点灯させ続ける方法を解説!

iPhoneのカメラ性能が上がった今、デジカメなどではなく、iPhoneで写真を撮る機会が増えましたよね。

iPhoneのカメラアプリでは、夜でも綺麗に写真を撮ることが可能です。しかし、撮影する場面によってはカメラのフラッシュが必要なこともあります。

今回の記事では、iPhoneカメラのフラッシュ設定・点灯させ続ける方法についてご紹介します。


【iPhone】カメラのフラッシュの基本の使い方

iPhoneユーザーでも、フラッシュをあまり使ったことのない人もいるでしょう。

まずは、基本的なフラッシュの使い方について確認していきますので、この機会に使い方をチェックしてくださいね。

フラッシュ設定には「自動」「オン」「オフ」の3種類がある

カメラのフラッシュ設定には、オン/オフだけでなく「自動」というものがあります。

フラッシュ種類

名前の通り、iPhoneが撮影場面に合わせてフラッシュが必要かどうか自動的に判断し、フラッシュを焚いてくれる機能です。

撮影のタイミングごとに設定の切り替えが面倒であれば、自動にしておくと良いかもしれませんね。

設定方法

設定の変更はとても簡単にできます。

カメラアプリを開くと、左上に雷マークが表示されるのでタップしてください。

k雷マーク

iPhone X以前であれば、マークをタップするだけでオンオフの切り替えや自動への切り替えができますよ。

iPhone Xs・iPhone XR以降の端末の場合、タップすることでオン/オフの切り替えはできますが、自動への変更はできません。

切り替え

自動に変更したいときには画面上の真ん中にある「∧」マークを押し、その中にある雷マークを押すと自動を選択することが可能です。

端末によって変更方法が少し違うので、現在利用している端末の操作方法を覚えておいてくださいね。

また、今後新しい端末に機種変更を考えている方であれば、iPhone Xs・iPhone XR以降の操作方法も覚えておくと良いですよ。

【iPhone】カメラのフラッシュを常に点灯させたい!方法は?

夜や暗い場所で撮影したい場合、シャッターを切るタイミングだけでなく、常に点灯しておいてほしいこともありますよね。

場面に合わせて切り替えができるように、常にフラッシュを点灯させる方法について確認していきましょう。

撮影モード別にご紹介するので、カメラをよく利用する方はどちらの操作も覚えておいてくださいね。

動画モードからなら点灯させておける

まずは、動画を撮影したいときにずっとフラッシュを点けておくことができるのかご紹介しますね。

動画モードはフラッシュを常に点けておくことが可能で、マークを2回タップするだけで点灯させることができるのでとても簡単です。

操作は2タップのみなので、場所さえ覚えておけばいつでも点灯させることができ、複雑な操作が苦手な方でも安心して使用することができますよ。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。