スマホで見つける、もっと可愛い私

iTunesカードが使えない!返金はできる?原因と対処法をチェック

iTunesカードが使えない!返金はできる?原因と対処法をチェック

Contents[OPEN]


【iTunesカード】使えないのはどうして?まずはカードを確認して

iTunesカードをカメラでスキャン、もしくは手動でコードを入力した時、なぜかカードが使えない場合があります。

まずは、そのiTunesカードがそもそも使用できるものなのか一度確認してみましょう。

Appleのギフトカードは3種類

日本で販売されているAppleのギフトカードは、iTunesカードを含めると以下の3種類あります。

  • iTunesカード
  • App Storeカード
  • Apple Storeギフトカード

iTunesカードとApp Storeカードは名称が異なるものの、使える用途は同じです。

iTunes カードでもApp Storeで使用でき、逆にApp StoreカードでもiTunes Storeで使用できます。

その反面、Apple Storeカードはこれら2つのカードと使える用途が全く異なります。

Apple Storeカード

出典:Apple公式サイト

Apple Storeカード:iPhoneやiPad、MacなどのApple製のデバイスや、イヤホンやケーブルなどのApple製のアクセサリを購入する時に使用できるギフトカード。

App Storeカードと名称が似ているので混同されやすいのですが、こちらのカードは有料コンテンツを購入する際に使うことができません。

そもそもカードが使えないのは、購入したものが実はApple Storeカードだった…という可能性も十分にあり得るので、まずは使用しようとしているカードが本当にiTunesカードなのかよく確認して下さい!

ちなみに、iTunesカードとApp Storeカードはコードが必ず「X」で始まりますが、Apple Storeカードは「Y」で始まります。

日本以外のiTunesカードは使えないので注意!

海外旅行先や出張先でiTunesカードを購入して、帰国した後に使いたいという方もいるかと思います。

しかし、iTunesカードは購入した国や地域でしか使用できません。

なぜ購入した国や地域でしか使えないのかというと、コードは国や地域ごとに振り分けられており、購入した国や地域で登録されているコードでしか使えない仕組みになっているからです。

iPhoneの初期設定時に「国や地域」を設定したと思いますが、ここで「日本」に設定した場合は日本で購入したものしか使用できません。

「国や地域」の設定

しかし、逆に言えば日本以外に設定すれば、日本以外のiTunesカードも使用できるようになります。

ですが、国や地域の設定を変更すると色々と面倒なことになるので、日本で購入したものを使用するようにして下さい。

【iTunesカード】使えないのはなぜ?エラーメッセージが表示されたら

iTunesカードを使おうとした時、エラーメッセージが表示されて使えない場合があります。

表示されたエラーメッセージによって原因と対処法が異なるので、それについて確認していきましょう!

「このコードは既に使用済みです」と表示された

カードをカメラでスキャン、またはコードを手動で入力した時に「このコードは既に使用済みです」と表示されるのは、メッセージの通り既にコードが使用されているのが原因です。

使用済みかどうかはカードを見ただけだと分からないので、間違えて使用済みのコードを入力してしまったというミスは可能性として十分にあり得ます。

一緒に住んでいる人がいる場合は知らない間にその人が使用してしまった可能性もあるでしょう。

このケースでは、新しくカードを購入するしか対処法がありません。

「入力されたコードは無効です」と表示された

「入力されたコードは無効です」いうエラーメッセージが表示された場合は、以下の2つが原因として考えられます。

  • 入力したコードが間違っている
  • 有効期限が切れている

まずは、カードの裏面を見て有効期限が切れていないか確認しましょう。

有効期限が切れていた場合は、新しいiTunesカードを購入する必要があります。

有効期限が切れていない場合は、単純な入力ミスである可能性が高いので一文字一文字よく確認しながら入力してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。