スマホで見つける、もっと可愛い私

【YouTube】音量が小さいときの対処法は?投稿動画の調節方法も♪

【YouTube】音量が小さいときの対処法は?投稿動画の調節方法も♪

Contents[OPEN]


【YouTube】動画の音量が小さい!考えられる原因は?

動画の音量が小さいときに考えられる原因は、大きく3つあります。根本的な原因から理解していきましょう。

YouTubeアプリ・サイトの問題

YouTubeアプリ自体に不具合があったり、サイトのサーバーに障害が起きたりしている可能性があります。

もし、YouTubeアプリに問題がある場合は、以下の方法で対処できます。

  • アプリを再起動する
  • アプリをアップデートする
  • アプリを再インストールする

サイトのサーバーに問題がある場合は、こちらからでは対処できないので、復旧するまで待つしか方法はありません。

デバイス自体の不具合

デバイス自体に不具合やバグが発生している可能性があります。その場合は、本体の再起動・最新のiOSバージョンへのアップデートが必要です。

機種によって本体の再起動・アップデート方法は異なるので、メーカーやキャリアのサイトで確認してみてください。

設定による音量の不具合

よく外出する人であれば、マナーモードに切り替えていたり、音量を小さくしたりして、そのまま気づかずにいることもあります。

見落としてしまいがちな部分なので、他の対処法をとる前にチェックをしましょう。

動画の音量が小さい!対処法は?《YouTubeに問題がある場合》

ここでは、YouTubeに問題がある場合の対処法について以下の4つを紹介します。

  • YouTubeのボリュームバーを確認しよう
  • YouTubeのアプリを再起動する
  • YouTubeのアプリをアップデートする
  • YouTubeのアプリを再インストールする

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

YouTubeのボリュームバーを確認しよう

iPhoneのYouTubeアプリには、以下の画像のようにボリュームバーがありません。

ボリュームバーがない

そのため、音量を調整するには別の方法で行う必要があります。

iPhoneアプリでは、ボリュームバーがコントロールセンターにあります。画面の下から上にスワイプをし、コントロールセンターを開きましょう。

コントロールセンター

右側の中央部にスピーカーのボリュームバーがあるので、こちらから調整できます。上にスライドすると音量が上がり、下にスライドすると音量が下がります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。