『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】開いてすぐにアプリが落ちるトラブルへの対処法とは?

【iPhone】開いてすぐにアプリが落ちるトラブルへの対処法とは?

iPhoneを使っていて、「アプリが頻繁に落ちる」という経験をしたことはありませんか?

アプリが頻繁に落ちる原因は、アプリだけではなく、本体の問題や容量の問題などさまざまです。

今回は、iPhoneのアプリが落ちる原因と対処法について紹介しています。

原因に合った正しい対処法を知り、一緒に解決していきましょう!

【iPhone】アプリが落ちる!考えられる主な原因

ここでは、アプリが落ちる主な原因を紹介します。

  • アプリのバージョンが最新版でない
  • iPhoneのバージョンが最新版でない
  • iPhoneの空き容量やストレージが足りていない
  • iPhoneのCPUに高負荷がかかっている

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

アプリのバージョンが最新版でない

アプリのバージョンが古いと、不具合によって処理落ちすることがあり、ひどい時には電源が落ちてしまうこともあります。 

これは、アプリのバージョンの自動更新がオフになっていることが原因です。 

オフになっていると更新が止まってしまい、バージョンが古くなってしまいます。 

自動更新をオンにしたり、定期的にアップデートをしたりする必要があります。

iPhoneのバージョンが最新版でない

iPhoneのバージョンが最新版でないと、アプリがうまく起動されず、処理落ちしてしまうことがあります。

iPhoneには、「iOS」という、アプリを動作させるためのソフトウェアが入っています。これは、人でいう「頭脳」の部分です。 

定期的に「iOS」の最新バージョンが公開されているので、常に最新版へアップデートしておく必要があります。

iPhoneの空き容量やストレージが足りていない

iPhoneを使っていると、画像や動画などのデータが溜まっていき、内部ストレージの容量を圧迫していきます。 

これにより、動作が重くなったり、電源が落ちやすくなったりします。 

定期的にデータの整理をして、容量に余裕を持たせることが大切です。

iPhoneのバッテリー劣化している

Appleが公式で発表しているiPhoneのバッテリーの寿命は、「3年」です。 

3年以上を超えると、バッテリーの劣化によってアプリが勝手に落ちたり、電源が落ちたりすることがあります。

バッテリーの劣化が原因であれば、新しいバッテリーへの交換が必要です。バッテリーの消耗度の確認方法は、後ほど詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。