『かわいい』が生まれる場所。

【Google Chrome】通知がうっとうしい!表示をオフにする方法は?

【Google Chrome】通知がうっとうしい!表示をオフにする方法は?

設定をオフにしたのに「通知の表示」が表示されるときの対処法

これまでご紹介した手順で設定をオフにすることで、「通知の表示」のメッセージを非表示にすることができます。

しかし、設定をオフにしたのに何故か通知が表示される場合もあります。

ここでは、その場合の対処法をご紹介します。

「Adblock」の設定でブロックする

設定をオフにしたのに通知が表示されるのは、Webサイト側で「PushCrew」というプッシュ通知ツールを利用しているのが原因のようです。

この「PushCrew」を利用して表示される通知は、残念ながらGoogle Chrome側の設定でオフにすることはできません。

しかし、PCであればChromeウェブストアで「Adblock」という無料の拡張機能をインストールすることで通知をブロックすることができます。

「Adblock」の設定でブロックする

※以前はAndroid版の「Adblock」アプリが配信されていましたが、現在はGoogle Playから削除されているので入手できません。

「Adblock」を導入すればWebサイトのポップアップ通知や広告を完全にブロックできるので、設定をオフにしても通知が表示される場合は「Adblock」をインストールしてみて下さい。

「Adblock」でブロックする方法

まずは、Chromeウェブストアで「Adblock」をインストールして下さい。

インストールが完了したら、以下の手順で設定を行って下さい。

「Adblock」でブロックする方法

操作手順

  1. Google Chromeを起動。
  2. 画面右上のメニューアイコンをクリック。
  3. メニューを開いたら、「その他のツール」→「拡張機能」を選択。
  4. 「Adblock」の「詳細」をクリック。
  5. 「拡張機能のオプション」を選択。
  6. 左サイドバーの「詳細設定」を選択。
  7. 「マイフィルターリスト」に「cdn.pushcrew.com」を入力したら、「追加」をクリック。

これで設定完了です。

通知がうっとうしいときは表示されないように設定をオフにしよう!

Google Chromeのアプリやブラウザで見ていると表示される「通知の表示」のメッセージや、新着情報があったときに表示される通知は、一括またはサイトごとに設定をオフにできます。

本当に必要な情報であれば助かりますが、不要な情報を何度も通知でお知らせされるのは正直うっとうしいですよね。

そんなときは、この記事を参考にして通知が表示されないように設定をオフにして、もっと快適にGoogle Chromeでネットサーフィンを楽しみましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。