スマホで見つける、もっと可愛い私

【Gmail】困ったときの対処法!メールの送信を取り消す方法はこれ

【Gmail】困ったときの対処法!メールの送信を取り消す方法はこれ


Microsoft Exchangeの場合

ちなみに、Microsoft 365(以前のOffice 365)でお馴染みの「Microsoft Exchange」から送信を取り消す場合も、基本的な操作は同じです。

送信直後に現れる「送信中」のそばにある「元に戻す」をクリックすると、送信が取り消されます。

また、送信を取り消すことができる時間を変更することもできますので、以下の手順を試してみて下さい。

  1. 「設定」を開く
  2. 「アプリ設定」の中の「メール」を開く
  3. 「オプション」の中の「メール」を開く
  4. あとは「自動処理」の中の「送信取り消し」の時間を変更したら完了

ちなみに、Microsoft Exchangeで変更できる時間は、Gmailと全く同じ4通りです。

  • 5秒
  • 10秒
  • 20秒
  • 30秒

Gmailにはメールの送信取り消し機能があるので困った時にも安心!

Gmailには、メールの送信を取り消すことができる便利な機能があります。

この機能はスマホやPCからも使える上に、取り消しできる時間を変更できるので安心です。

その他にも、予約投稿や公開・非公開を管理出来る情報保護モードなどの便利機能もGmailにはあります。

誰でも気軽にお使い頂けますので、是非この機会にGmailの設定や機能を見直してみてはいかがでしょうか。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。