『かわいい』が生まれる場所。

ダイエットレシピを発信するインスタグラマー・経塚翼さんにインタビュー!バズるレシピはどうやって生まれているの?

ダイエットレシピを発信するインスタグラマー・経塚翼さんにインタビュー!バズるレシピはどうやって生まれているの?

みなさんこんにちは!APPTOPI編集部です!

老若男女関係なく、何かと気になる言葉。それは「ダイエット」。

痩せなきゃ痩せなきゃと思いつつ、なかなか行動に出られない…そんな方も多いと思います。

そこで今回紹介するのは、インスタでダイエットレシピを発信している経塚翼(きょうづかつばさ)さん!

インスタ運用のあれこれだけでなく、料理に関するお話まで色々と聞いてきちゃいましたよ♪

他のインタビュー記事はコチラから!

経塚翼さんのプロフィール

それでは経塚翼さんの簡単なプロフィールからご紹介します!

ト

経塚翼(きょうづかつばさ)さんは、IT企業でエンジニアとして働く27歳!

カンタンかつ美味しいダイエットレシピを紹介するインスタは、若い女性を中心に注目を集めており、現在のフォロワーは1.1万人!

今ノリにノッてるインスタグラマーさんなんです!

今回はそんな彼に、インスタを始めたばかりの苦悩や、レシピの開発秘話、はたまたおすすめのダイエット食材など、色々な話を聞いてきちゃいました!

彼のレシピのファンはもちろん、これからインスタで何かを発信したいと思っている人は必見ですよ♪

それでは見ていきましょう!

経塚翼 プロフィール

  • 年齢:
    27歳
  • 好きな食べ物:
    鶏肉、鴨肉
  • 嫌いな食べ物:
    なし
  • 趣味:
    美容、健康、料理、筋トレ
  • 憧れの人:
    新庄剛志
  • SNS:
    【Instagram】@tsubasa_kyoduka
    【TikTok】@tsubasa_kyoduka

アカウントを始めてからフォロワーが伸びるまで

--- こちらのアカウントをはじめたのはいつごろなんですか?

経塚:去年の11月ですね。

--- まだ半年も経っていないんですね。始めたきっかけは何だったんですか?

経塚:もともとTwitterの方でも発信をしていたのですが、仕事に関わる内容でもあったので、伝えたいことを伝えきれないところがあって。それで何か新しいことを発信したいなと思ってはじめたのが、きっかけですね。

--- そうだったんですね。料理は発信したいことだったんですか?

経塚:そうですね。発信するなら好きなことについて発信したいなと思っていたのですが、もともと美容や料理には関心が深かったので、ダイエットレシピを発信することにしました。それからどのSNSで発信しようと考えた時に、インスタがいいだろうということで、アカウントを作りました。

始めたばかりのアカウントを伸ばすには?

--- 始めたての時に頑張っていたこと、意識していたことはありますか?

経塚:毎日更新はしていました。それと、インスタに居座ることですかね(笑)

--- 居座る、ですか?

経塚:はい。インスタを見ながら、どんなアカウントが伸びているか、どんな投稿が伸びているかを考察しました。また、インスタについて色々と調べていくうちに「滞在時間」が鍵ということがわかって。だからできるだけインスタを開くようにして、色々な人の投稿にいいねをしたりもしましたね。

--- 滞在時間が重要というのは、初めて聞きました!ちなみに、伸びやすい投稿はどのようなものなのか、答えは出たんでしょうか?

経塚:そうですね。まず個人で伸ばすんだったら、フリー画像を使うのではなく、自分で撮影したものを使うのがよさそうです。写真のクオリティはそんなに高くなくても、人間味を出すことが重要。そうしないと企業アカウントっぽくなってファンが付きづらいのかなと思います。人間味があるアカウントの方が伸びると思いますね。

--- 確かにその通りかもしれませんね。フリー素材ばかりの投稿では、どこか味気なく感じてしまうかも…。

経塚:あと「発信する内容を絞る」ことが重要なんですけど、前よりも更に絞っていかないといけないなと思いますね。例えば「ファッション」のことについてやりたいんだったら、漠然と「ファッション」だけで絞っても、あまり注目されないんです。

--- そうなんですね。たしかに経塚さんも「レシピ」だけでなく「ダイエット」というキーワードも加えて二重に絞ってらっしゃいますね。

経塚:そうですね。また僕と同時期に始めたアカウントさんで、ダイエットレシピを更に「オートミール」というキーワードで絞っている方もいますが、その方は本当に伸びていらっしゃいますね。

--- なるほど。狭めれば狭めるほどいいんでしょうか?

経塚:いや、方向を間違ってしまうと今度はその情報を求めてくれる母数が少なくなっちゃうので、注意が必要です。絞るなら、絞るものをしっかり見極めないといけないと思いますね。

--- テーマを絞ることにはリスクもあるんですね。ちなみに経塚さんはこれから更に絞る予定はあるんですか?

経塚:いえ、逆に広げようかなと思っています。テーマを絞るというのは、どちらかというとフォロワーの方が付いてくれるまでに有効な策なんですよ。だんだんと狭いテーマの中でネタを捻出するのも大変になってきますしね。

--- 最初は絞って、だんだんと広げていくんですね。勉強になります!

フォロワーが伸びるまで、思い悩んだ3か月

--- そのように試行錯誤されて、フォロワー数が伸びたなと感じたのは、始めてからどれくらい経った頃ですか?

経塚:3か月は伸びませんでしたね。その間、2回くらい投稿を全消ししました(笑)

--- え、投稿を全部消したんですか!?それはどうしてですか?

経塚:なかなか伸びないので、デザインをガラッと変えたくて。そうすると以前までの投稿とフィードで見た時に合わないので、消すことにしました。

--- やはり統一感は大事なんですね。3か月経ったら、フォロワー数が伸びるようになってきたんですか?

経塚:そうですね。デザインが安定して、その投稿が20くらい溜まったら、だんだんと伸びてきましたね。

フォロワーが伸びるきっかけとなったレシピ!

--- デザインの面意外に、フォロワー数増加に貢献してくれた投稿ってあったりしますか?

経塚:「キムチチーズ豆腐チヂミ」のレシピはすごい反響があって、フォロワー様が伸びるきっかけとなりましたね。

--- とても美味しそうです。どうしてこちらの投稿が伸びたと思いますか?

経塚:まず情報が有益だったというのはあると思うんですけど「再現性」が高かったこともあると思います。例えば「シェフが教える○○」とかだと、確かに美味しそうかもしれないけど、あまり自分で作れそうな気がしない。だから保存も伸びないと思うんです。その点このメニューは誰にでも作りやすいものになっているから、保存も伸びたし、フォローにもつながったんだと思います。

--- たしかにその方が親しみがありますね。

経塚:さらに「意外性」もあったことも、この投稿が伸びた理由のひとつだと思いますね。「え、豆腐でチヂミが作れるの!?」という意外性が多くの人の目を引いたんじゃないかな。

--- たしかに、発見タブなどに出てきたとき、思わずタップしちゃうかもしれません!こちらはどのようにして思いついたんですか?

経塚:僕、K-POPが好きなんですけど、フォロワー様にも好きな人が多くて。それなら韓国料理の需要もあるかなと思って、ダイエットレシピにアレンジしてみた感じですね。

--- そんなきっかけで生まれたレシピだったんですね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。