『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】アップロードできる動画の容量について解説するよ

【YouTube】アップロードできる動画の容量について解説するよ

動画を楽しめるアプリとして、YouTubeはおなじみですよね。 

Google アカウントでログインするだけで、自分のお気に入り動画をまとめたり、自分で撮影した動画を投稿することができます。

そこで今回は、実際に作業をする前に覚えておくと役に立つ、基本的な仕様・容量やサイズ・動画を投稿する際の注意点とコツについてご紹介します!

動画投稿初心者さんは特に必見です。 

それでは早速見ていきましょう!

Contents[OPEN]

【YouTube】アカウントごとにアップロードできる動画の容量は?

まずは、容量について解説していきます。 

サービスによっては、データをアップロードできる容量が決まっている場合があります。

ストレージを無料で使用するときは、投稿できる容量に気を配りながら投稿することが多いでしょう。

ではYouTubeは、動画をどの程度まで投稿することが可能なのでしょうか?

押さえておくべき3つのポイントをまずはご紹介します!

容量制限は決まっていない!

結論から説明すると、投稿ができる映像の容量に具体的な制限は設定されていません。(2021年3月現在)

Twitterではツイートできる回数などで一定時間制限が課されるケースがあることで知られていますが、YouTubeではそれほど心配する必要はなさそうです。

なので、基本的には自由に投稿して良いと考えられます。 

なお前提事項ではありますが、YouTubeの動画投稿するには、Google アカウントでログインしているうえで投稿が可能です。閲覧の場合とは異なる点に注意してください。

注意!1日に20本以上のアップロードをして一時停止になった人もいる!

ただし、1つだけ留意しておく点があります。 

それは、過去に1日20本以上を投稿して、アカウントが一時停止になった事例があるということです。 

つまり、まったく制限が設定されていないわけではありません。

しかし、1日にそれほどの数を投稿するケースは珍しいと思いますので、心配は無用です。 

あまりにも極端な利用でない限り、問題ないでしょう。

たくさんの動画をアップロードしたいならアカウントを分けるのがベター!

もし、1日に20本をはるかに上回る数の映像を投稿していきたいのであれば、アカウントを分けて投稿することをおすすめします。

Google アカウントは複数取得できるので、上記の事例を回避することが出来るでしょう。 

すぐに作りたいという方は、まずはGoogleアカウント作成ページから作成してください。

簡単に作ることが出来るので、作成後、YouTubeにログインをして使いましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。