『かわいい』が生まれる場所。

Apple ID・パスワードを変更する方法を解説していくよ!

Apple ID・パスワードを変更する方法を解説していくよ!

「古いApple IDを変更したい」「複数のApple IDで管理したい」と思ったことはありませんか?

しかし、「Apple IDを変更の仕方が分からない」という人も多いと思います。

そこで今回は、Apple IDとパスワードの変更方法についてわかりやすく紹介します。

iPhoneとPCに分けて説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

Apple ID(メールアドレス)を変更する前に!ここに注意!

Apple IDを変更する前に知っておくべきことがあります。

ここでは、以下の内容について説明します。

  • Apple IDが必要なサービスを使うときに再ログインをしなくてはならない
  • アプリの課金(機能制限を解除するタイプ)をしているときは再購入が必要
  • 万が一のためにバックアップをとっておくこと

それでは、詳しく見ていきましょう。

Apple IDが必要なサービスを使うときに再ログインをしなくてはならない

Apple IDを変更すると、Apple IDが必要なサービスを利用する場合は、再ログインをする必要があります。

例えば、以下のサービスです。

  • App Store
  • FaceTime
  • Game Center
  • iCloud
  • iMessage
  • iTunes
  • Apple Pay、Apple Card、Apple Cash
  • Apple TV、Apple TV+、Apple TV チャンネル
  • Apple Music

多くのサービスを利用している分だけ、再ログインをする手間がかかってしまいます。

アプリの課金(機能制限を解除するタイプ)をしているときは再購入が必要

アプリ内で課金している場合(ゲームアプリなど)は、再購入が必要です。

同じApple IDであれば、他の端末で課金データを共有することはできますが、Apple ID自体が変わると、もう一度購入することになるので、事前に理解しておきましょう。

万が一のためにバックアップをとっておくこと

Apple IDを変更すると、連絡先や文書、写真や動画が消えてしまう可能性があります。

「大切なデータが消えてしまった」といった状況に遭遇する可能性もあるので、Apple IDを変更する前に必ずバックアップをとっておきましょう。

バックアップ方法は、「iTunesを使った方法」と「iCloudを使った方法」の2つがあります。

それぞれの手順を解説します。

iTunesを使ったバックアップ方法

  • パソコンとiPhoneを繋ぎます。
  • iTunes が起動したら、左上の「端末アイコン」をクリックします。
  • 「概要」をクリックします。
  • 「このコンピュータ」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックします。
  • 画面上部に「Appleマーク」が表示されたら、バックアップ完了です。

iCloudを使ったバックアップ方法

iCloudを使ったバックアップ方法

  • 設定アプリを開きます。
  • 一番上の「自分の名前(アカウント名)」をタップします。
  • 「iCloud」→「iCloud バックアップ」の順にタップしていきます。
  • iCloud バックアップの右側のボタンをタップしたら、自動でバックアップが始まります。

iCloudの容量が足りない場合は、アップグレードが必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。