スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Pay】登録したカードの削除方法!自動で消えることも     

【Apple Pay】登録したカードの削除方法!自動で消えることも  

財布を出さなくてもスマートフォンひとつで買い物ができる、キャッシュレス決済が年々主流になってきています。

Apple Payはそのひとつで、アップルが提供するキャッシュレス決済です。

カードを登録をしておくことで、Apple Payが対応しているお店や自動販売機などで手軽に買い物が可能です。

そんなApple Payですが、カードは登録後自由に消すことや、誤って消してしまった場合には再度登録はできるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

【Apple Pay】登録したカードの削除方法

Apple Payを使用するために登録したものの、カードを解約したり、番号が変更になる、またはメインのカードを変えるなどで、登録カードを削除したい時がありますよね。

Apple Payに登録したカードは、いつでも削除が可能です。

使用するデバイスによってそのやり方が異なるのでそれぞれ詳しくみていきます。

iPhoneからの削除手順

 
iPhoneに登録してあるApple Payのカードを消すには、まず設定から「WalletとApple Pay」へと進みます。

iphone-WalletとApple Pay1

すると以下の画面が開くので、削除するものを一覧から選んでタップします。

iphone-WalletとApple Pay2

下にスクロールしていくと「このカードを削除」と言う項目があるのでタップし、確認画面が開くので再び「削除」を選択します。

iphone-WalletとApple Pay3

もしくは、直接Apple Walletアプリからも削除できます。

アプリから、削除したいカードを表示した状態で右上の点が3つ並んだボタンを選びます。

iphone-WalletとApple Pay4

以下の画面が出てくるので、下までスクロールすると「このカードを削除」と言う項目が出てくるので、タップすると削除することができます。

iphone-WalletとApple Pay5

Apple Watchからの削除手順

Apple WatchにもApple Payの機能がついています。

2つやり方があり、まずはじめにiPhoneを使う場合です。

Watchアプリで、「WalletとApple Pay」を開きます。

Apple Watchカード削除

上に「Watch上の支払い用カード」と表示されてるカードがApple Watchに登録してあるカードです。

「iPhone上のほかのカード」はApple Watchには登録されていないので注意しましょう。

「Watch上の支払い用カード」から、削除したいカードを選択します。

Apple Watchカード削除2

次の画面の下のほうに「このカードを削除」という項目があるので、タップし、

Apple Watchカード削除2

以下の画面が出たらもう一度「削除」を押します。

Apple Watchカード削除3

また、Apple Watch単体でもApple Payに登録したカードの削除は簡単にできます。

Apple WatchでWalletアプリを開きます。

Apple Watch単体カード削除

カードを選択し、下に進んでいくと「削除」というボタンがあるのでタップすると削除できます。

Apple Watch単体カード削除2

Suicaの場合は以下の表示が

Apple Watch単体カード削除3

クレジットの場合は以下の表示が出ます。

Apple Watch単体カード削除4

Macからの削除手順

タッチIDを搭載しているMacであればApple Payの登録、決済が出来ますが、もちろん登録内容の削除もできます。

削除は、まず環境設定の中から「WalletとApple Pay」を開きます。

Macカード削除1

Macカード削除1

左側に登録してあるカードの一覧が出てくるので、Apple Payから削除するカードを選んで、「−」ボタンを選びます。

Macカード削除2

以下のように確認のウィンドウが開くので、「削除」を押せば完了します。

Macカード削除3

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。