スマホで見つける、もっと可愛い私

【Chrome】インストールできない!スマホ・PCの対処法を教えるよ

【Chrome】インストールできない!スマホ・PCの対処法を教えるよ

【Chrome】インストールできない!エラー数字の意味と対処法

Chromeをインストールしようとしたときにエラーが出てきて止まってしまった、なんてこともあるでしょう。ここからは、Chromeのエラー数字の意味と対処法について見ていきます。

エラー4

エラー4は、すでにその端末にChromeの新しいバージョンがインストールされているという意味の数字です。

すでに新しいバージョンがインストールされているので、再度インストールする必要はありません。この数字が出てきたら、その端末ではインストールしなくてもChromeが使えるはずですので、プログラム一覧などから探してみましょう。

エラー7・12・13・35・57・102・103

インストール時にこれらの数字がでてくる場合は、残念ながら理由が不明です。また、1つのことが原因ではなく、複数のことがあわさって不明なエラーとなっている可能性も考えられます。

ですのでこのエラーが出てしまった場合は、端末の状態を細かく見直してみるのがおすすめです。

エラー31

エラー31は、chromeが再インストールできなかったときに表示されるエラー数字です。現在使っているChromeの調子が悪いのでインストールし直したいという場合などに出くわしやすいエラーとなります。

エラー数字が出た時の対処方法

先述のエラー数字が出たときは、慌てずに原因を探っていくことが大切です。エラー4の場合はすでに端末にインストールされている証拠なので、特に対処する必要はありません。

その他のエラー数字が出た場合も、端末に何かしら原因がある場合が多いです。

空き容量を確認して不足しているようだと増やしてみたり、ウイルスソフトやファイアウォールの設定を見直してみましょう。

場合によっては端末を再起動させるだけで解決することもありますので、まずは再起動を試みてみるのもおすすめです。

原因を1つずつ解決していくのがインストールへの近道です!

OSや動作環境など、使用条件を満たしていてもChromeがインストールできないという事態は起こります。しかし、使用条件を満たしているので、何かしらの対策を施せば問題なくインストールはできるはずです。

Chromeがインストールできないときは諦めたり慌てたりせずに、まずは原因を探っていくのが重要。PCやスマホの空き容量を確認してみるなど、1つずつインストールできない原因を解決していけばきっとインストールできるようになるでしょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。