『かわいい』が生まれる場所。

【iTunesあるある?】曲が追加できないときの対処方法をご紹介

【iTunesあるある?】曲が追加できないときの対処方法をご紹介

音楽や動画を再生するため、そしてPCやスマホの中にある音楽や動画を管理するためにiTunesを利用している人は多いのではないでしょうか。

手軽に利用でき、機能面も充実しているというのが主な人気の理由です。

そんな便利なiTunesですが、稀に曲が追加できなくなってしまうことがあります。

iTunesに追加できないと、iPhoneで曲が聴けないなど何かと不便ですよね。

そこで今回は、iTunesで曲が追加できないときの対処方法について解説していきます!

【iTunes】曲が追加できない!基本の操作方法をおさらい!

お気に入りの曲をiTunesに追加しようと思ったのにできなかった経験はありませんか?

せっかくiTunesを使って色んな場面で聴こうと思っていたのに、これでは困りますよね。

実は、基本操作が間違っていたから追加できなかっただけ、ということが意外と多いのです。

そこで、まずはiTunesに曲を追加するための基本操作をおさらいしてみましょう。

基本の操作方法で再度追加を試みてみると、すんなり追加できたりもしますよ。

追加手順(iPhoneからiTunesへ)

PCを買い替えたなどの理由で、iTunesの中の曲が消えてしまったことはありませんか。

しかし、iPhoneには曲が残っているはずなのでiPhoneから復元させたい、という場面に遭遇する機会は多いでしょう。

結論からいうと、iPhoneからiTunesへ曲を追加することはできません。

iTunesと同期する際は、iPhoneではなくPC側が参照されるからというのが理由です。

そのため、PCのiTunesを復元させたい場合は別の手段を取る必要があります。

これは、PCのデータ復元の際などに役に立つので、ぜひとも覚えておきたいポイントになります。

追加手順(iTunesからiPhoneへ)

iTunesの曲をiPhoneに追加するのはとても簡単です。

iTunesにドラッグアンドドロップで曲を追加して、後は同期するだけです。

先述のように、iPhone内のiTunesの曲やプレイリストはPC側の設定が反映されます。

そのため、PC側でプレイリストを変更したり曲を削除して同期した場合は、iPhone側のプレイリストや曲も消えてしまうということです。

他にも曲を追加するにはいろいろな制限や特徴があるので、気になる項目だけでも覚えておくことをおすすめします。

【iTunes】曲が追加できない!まずはチェックしたいこと

基本操作をおさらいしてもう一度チャレンジしてみたけれど、やっぱり曲が追加できないときもあるかもしれません。

そうなると、もしかしてiTunesが壊れてしまったのか、端末が不具合を起こしてしまったのかなど、色々心配になってしまいますよね。

しかし、最悪の事態を疑う前にまずはチェックしておきたいことがあります。

曲の形式が対応しているか

特に何も設定をせずCDからiTunesに取り込んだ場合、拡張子はAACになります。

これは、Appleにおける標準的なフォーマットで、広く利用されているものです。

ですが、音楽ファイルといえば思い浮かべるのはMP3だという人も多いでしょう。

MP3も非常に広く普及しているフォーマットで、対応しているソフトもたくさんあり、iTunes以外の音楽ソフトだとこちらを採用している人も多いのではないでしょうか。

当然、MP3もiTunesに対応しているので、問題なく曲を追加できるはずです。

では、iTunesが対応している主なフォーマットをご紹介します。

POINT

  • AAC
  • MP3
  • Apple Lossless
  • WAV
  • AIFF

高音質のApple Losslessにも対応している点は、音楽好きには嬉しいところですよね。

ただし、Windowsで一般的なWMAや、高音質で可逆圧縮なところが注目されているFLACには対応していない点に注意が必要です。

これらのフォーマットをiTunesで再生したい場合は、対応しているフォーマットにエンコードし直しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。