『かわいい』が生まれる場所。

【お得に】Google Playギフトカードの使い道を5つご紹介!

【お得に】Google Playギフトカードの使い道を5つご紹介!

スーパーやコンビニ、家電量販店などでよく見かける「Google Playギフトカード」。

Google Playギフトカードの使い道として最初に思いつくものとしては、有料アプリの購入やアプリ内課金がありますが、実はその他にも様々な使い道があるんです。

今回は、Google Playギフトカードの使い道や注意点について詳しく解説していきます!

「家族や友達からもらったけど使い道がなくて困っている…」「残高が余ってしまった…」という方はぜひ参考にしてみて下さいね。

Google Playギフトカードの使い道の前に!基本をおさらい!

「Google Playギフトカード」とは、Google Playで利用できるプリペイドカードのことです。

カードに記載されているコードをGoogle Play内で入力することで、カードの購入金額分がGoogle Playアカウントの残高にチャージされます。

チャージした残高は、Google Playで配信されている有料アプリや映画や電子書籍の購入、アプリ内の課金などに利用できます。

Google Playなどで利用できる

購入した金額分だけ利用できる前払い式のカードなので、後払い式のクレジットカードと違って使いすぎてしまう心配がありません。

なお、このカードには「カードタイプ」と「コードタイプ」の2種類あります。

  • カードタイプ:実物のプラスチック製のカード。カードの裏面の銀色のスクラッチを削ると、利用時に必要となる16桁から20桁のコードが現れる。
  • コードタイプ:利用時に必要となるコードのみを受け取る。購入後に表示される画面や送られてくるメールに16桁から20桁のコードが表示される。

コンビニやスーパーなどで購入できる

こちらのカードは、コンビニやスーパーなどの実店舗やオンライン上で購入することが可能です。

店舗の種類 購入可能な店舗名

コンビニ セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
ミニストップ
ニューデイズ
セイコーマート
スーパー イオン
イトーヨーカドー
ヨークマート
ドン・キホーテ
家電量販店 ビックカメラ
ヨドバシカメラ
ヤマダ電機
ノジマ
エディオン
ケーズデンキ
コジマ
ソフマップ
ドラッグストア セイムス
ココカラファイン
マツモトキヨシ
サンドラッグ
ツルハドラッグ
クリエイト
CD・DVDショップ TSUTAYA
GEO
書店 紀伊国屋書店
古本市場
ネットカフェ 快活CLUB
オンラインショップ docomo Online Shop
au Online Shop
au WALLET Marcket
au Wowma!
Yahoo! JAPANショッピング
楽天

参照:Google Play公式サイト

基本的に金額は6つの中から選べる

こちらのカードは、iTunesカードやAmazonギフト券などと同様に金額別で販売されています。

金額は以下の6種類の中から選べます。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 15,000円
  • 20,000円

こういったプリペイドカードには消費税がかからないので、カードの台紙に記載されている金額のお金をレジで支払えば購入できます。

ちなみに、このカードは盗難防止のために、レジを通してアクティベーションを済ませないと使えないようになっています。

バリアブルカード(コード)もある

バリアブルカード(コード)とは、設定可能な範囲の中でチャージ金額を自由に設定できるGoogle Playギフトカードのことです。

カードの台紙の右上に「¥1,500~¥50,000」と記載されているのがバリアブルカードで、レジで決済する時に金額を指定してから購入します。

なお、このカードにも実店舗で購入できる「カードタイプ」と、オンライン上で購入できる「コードタイプ」の2種類あり、それぞれ設定可能な金額が異なります。

  • カードタイプ:1,500円~50,000円で、1円単位で設定可能
  • コードタイプ:100円~50,000円で、1円単位で設定可能(購入場所によっては500円~)

通常のカードだと先ほどご紹介した6種類の中からでしか金額を選択できませんが、こちらのカードならチャージしたい分だけ購入できるので使い勝手が良いです。

Android以外のデバイスでも使用できる

Google PlayギフトカードはAndroidでしか使用できないと思っている方が多いのですが、実はAndroid以外のデバイスでも使用することができます。

カードの購入金額はGoogle Playの残高にチャージするので、Googleアカウントがあれば残高を利用できます。

App Storeで配信されている有料アプリの購入やアプリ内課金などには利用できませんが、Google Playストアで配信されている映画や音楽、電子書籍を購入することは可能です。

「iTunesカードを購入するつもりが間違えてGoogle Playギフトカードを購入してしまった…」というiPhoneユーザーも多数いますが、iPhoneでも使い道はあるので安心して下さい。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。