『かわいい』が生まれる場所。

Apple Watchがアップデートできない!そんなときはこの方法

Apple Watchがアップデートできない!そんなときはこの方法

【Apple Watch】アップデートできないときの対処法(「アップデートを準備中」が表示)

次に取りあげるのは、「アップデートを準備中」という表示が出るパターンです。4つの対処法を紹介します。

iPhoneのバージョンを確認する

この記事で紹介したように、Apple WatchのアップデートはiPhoneでもApple Watchでも行えます。文字が大きく表示されるため、iPhoneからアップデートをする方が楽だと感じるユーザーはたくさんいます。

ただiPhoneからアップデートをするなら、iPhoneのiOSが最新でなければなりません。そうでないとアップデートが上手くいかないことがあるからです。

Wi-Fiの確認をする

デバイスのOSのアップデートに限らず、通信によってデータを更新していくアプリやサービスはすべてインターネット接続が必要です。インターネット通信が滞ればアップデートは当然できません。アップデートを行うデバイスがインターネットに接続され、通信速度が十分であることを必ずチェックしましょう。

充電の残りを確認する

iPhoneのアップデートの場合、バッテリー残量が十分でないとアップデートは行われません。Apple Watchの場合もバッテリー残量が十分でないとアップデートが開始されなかったり、開始されても完全に止まってしまったりします。可能であれば充電器に接続したままでアップデートを行いましょう。

iPhoneとApple Watchを近づけてみる

iPhoneでアップデートを行う場合、ペアリングでつながっているApple Watchから離れすぎるとアップデートが上手く行えません。2つのデバイスを近づけて確実にアップデートが行われるようにしましょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。