『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】通知音の変更方法を解説!好きな音楽に設定しちゃおう♪

【iPhone】通知音の変更方法を解説!好きな音楽に設定しちゃおう♪

iPhoneでは、アプリと着信の通知音を自由に変更できることを知っていますか?

通知音で自分の好きな曲や愛犬の鳴き声などが流れてくると、楽しい気分になりますよね。

今回は、通知音の変更方法についてを画像を使いながらわかりやすく紹介します。

また、一緒に設定できる音量とバイブレーションなどもあわせて紹介していくので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

【iPhone】アプリの通知音の変更方法

ここでは、iPhoneアプリの通知音の変更方法を紹介します。

  • デフォルトのアプリは通知音を変更できる
  • デフォルトアプリの通知音の変更手順
  • 外部アプリは通知音を変更できないことがある
  • 外部アプリ(LINE)の通知音の変更手順

それでは、詳しく見ていきましょう。

デフォルトのアプリは通知音を変更できる

iPhoneに最初から入っているアプリの通知音は変更できます。

例えば、以下のようなアプリです。

  • メール(フリーメールの通知音)
  • メッセージ(SMS/MMS/iMessageの通知音)
  • カレンダー(イベントの通知音)
  • リマインダー(指定した場所で鳴る通知音)
  • AirDrop(データ共有時の通知音)

これらのアプリは、設定アプリから簡単に通知音を変更できます。

デフォルトアプリの通知音の変更手順

それでは、iPhoneのデフォルトアプリの通知音を変更する方法について見ていきましょう。

以下の手順を参考にしてくださいね。

デフォルトアプリの通知音の変更手順

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「サウンドと触覚」を押します。
  3. 通知音を変更したいアプリを押します。
  4. 通知音に設定したい音を選択したら完了です(決定ボタンはないので、そのまま閉じてOK)。

デフォルトでは以下から選択できます。(iOS 14.4.1で使用できる通知音となります)

【通常の通知音】
メモ、オーロラ、コンプリート、サークル、シンセ、パルス、ハロー、ポップコーン、鍵、竹、入力、和音
【クラシックの通知音】
アップデート、エレクトロニック、ガラス、カリプソ、サスペンス、シャーウッドの森、スウィッシュ、スウォッシュ、スペル、タイプライター、チャイム、ツイート、つま先、トライトーン、ニュースフラッシュ、ノアール、はしご、ファンファーレ、ベル、ホルン、メヌエット、機関車、警告、降下、金、電報、曇り、予感

中でも、「ツイート」はTwitterの通知音と同じなので面白いですよ。

通知音はiOSの更新と同時に追加されることがあるので、最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

外部アプリは通知音を変更できないことがある

基本的に、App Storeからダウンロードした外部アプリはスマホやパソコンから簡単に設定を変更できないようになっています。

そのため、「通知音の設定を許可している」、または「通知音の設定機能を用意している」アプリでないと、変更ができません。

変更できるアプリとして代表的なのは「LINE」です。

LINEは通知音の設定機能を持っているので、アプリ内の設定から自由に変更可能です。

反対に、設定ができないアプリは、TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeなどです。

これらのアプリは通知音を設定する項目がないので、設定することができません。

外部アプリ(LINE)の通知音の変更手順

ここでは、外部アプリ(LINE)での変更手順を紹介しておきます。

以下の手順を参考にしてくださいね。

外部アプリ(LINE)の通知音の変更手順

  1. LINEアプリを開き、右下の「ホーム」を押します。
  2. 右上の「設定アイコン(歯車のマーク)」を押します。
  3. 「通知」を押します。
  4. 「通知サウンド」を押します(通知をONにしないとこの項目は表示されません)。
  5. 好みのものを選んで変更したら完了です(決定ボタンはないので、そのまま閉じてOK)。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。