『かわいい』が生まれる場所。

【Apple Music】データ通信量はどのくらい?節約法も紹介!

【Apple Music】データ通信量はどのくらい?節約法も紹介!

「Apple Music」は、月額最低980円で音楽聞き放題の音楽配信サービスです。

iTunes Storeで曲を一曲ずつ購入するよりもかなりお得なので、iPhoneやiPadユーザーの方なら利用している方も多いでしょう。

しかし、この「Apple Music」、曲を聴くのに「データ通信容量」がかかってしまうことがネックです。

なにも考えずに利用すると、あっという間に月のデータ量を使い切ってしまいます。

この記事では、Apple Musicにかかるデータ通信量がどれくらいなのか、通信量を節約するにはどうしたらいいのかについて説明していきます。

【Apple Music】どんなサービス?

まずは「Apple Musicとはどんなサービスなのか?」について軽く説明します。

「Apple Music」とは、Appleが提供しているサブスクリプション型音楽配信サービスのことで、好きな音楽を好きなだけストリーミングで再生して楽しむことができるのが特徴です。

この手の音楽配信サービスは国内でも近年増えてきていますが、Apple Musicでは「広告なしで楽しめる」のが魅力です。

曲と曲の合間に広告が流れることがないので、ストレスフリーで音楽を楽しむことができます。

料金プランは全部で3通りです。

  • 月々たったの480円で利用できる学生限定の料金プラン
  • 一般個人用の月々980円のプラン
  • 月々1,480円で、1契約で最大6人まで同時利用が可能なファミリー用プラン

どのプランでも聞ける曲数、音質に差はありません。

約7000万の楽曲が聴き放題

Apple Musicでは、約7000万以上の全世界の音楽が聴き放題です。

ただ音楽を聴くだけでなくMVや限定曲もありますし、先行配信される曲なども豊富にあります。

聴きたい曲はストリーミング再生が基本ですが、インターネット環境がない場所でも聴けるようダウンロード機能も備わっています。

オフラインで曲を聴きたい場合は、Wi-Fi環境のある所で予めダウンロードしておくのがよいでしょう。

データ通信量の使いすぎには気を付けて

Apple Musicは基本的にストリーミングで再生をするサービスです。

Wi-Fi環境で聴いているなら問題ありませんが、モバイルデータ通信の環境下で聴いているとどんどんデータ量を食っていきます。

Apple Musicで使用できる音質には「標準」と「高音質」があり、標準音質で128kbps、高音質で256kbpsです。

この音質は、高くなるほど使うデータ量が多くなります。

標準音質で5分間の曲を1曲聴くと、大体7.3MB使います。

高音質なら同じ条件で約17MBです。

これを1時間聴き続けると、標準で84MB、高音質で204MBとなります。

ただ音楽を聴くだけでこれだけのデータ量を使ってしまいます。

Apple Musicをモバイルデータ通信で聴く場合は、データ容量の使い過ぎに気を付けましょう。
 

【Apple Music】データ通信量がかかるのはどんなとき?

Apple Musicでは、ストリーミングで曲を聴く以外にもデータ通信量がかかるときがあります。

この章では、Apple Musicでデータ通信量がかかる要素について説明します。

曲の再生

先ほど説明したように、Apple Musicのストリーミング再生ではデータ通信量がかかります。

Wi-Fi環境のない場所でApple Musicを使うと、1時間あたり約80MBから200MBのデータ容量を使うことになります。

この容量は、月々のデータ容量プランを2GBや3GBにしている方にとっては決して少なくない容量です。

月々20GBなどの大容量プランにしている方でも、何時間も使い続ければとんでもない容量になってしまいます。

ブラウザやゲームなどでもデータ通信量はかかってくるので、データ通信量を節約するならWi-Fi環境のある所で利用するか、曲をダウンロードするのをおすすめします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。