スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Music】データ通信量はどのくらい?節約法も紹介!

【Apple Music】データ通信量はどのくらい?節約法も紹介!

【Apple Music】通信量を消費せず音楽を聴く裏ワザ

Apple Musicでは、使えば使うほど継続的なデータ通信量がかかることが分かりました。

では、このデータ通信量を節約、もしくは全くデータ通信量をかけずに利用する方法をご紹介します。

Apple Musicでダウンロードした曲をMP3ファイルに変換する

Apple Music上でダウンロード曲をMP3形式に変換して、再度iPhone上に同期させる方法です。

これを使えば、通信量を全く消費させずにオフラインで音楽を聴くことできるようになります。

Apple MusicをMP3に変換して同期するためのツールはいくつかありますが、今回は「NoteBurner Apple Music Converter」を使います。

操作がシンプルで簡単なのが魅力です。

無料版がありますが、快適に使うなら有料版もおすすめです。

この方法では、PCとiTunesのソフト、「NoteBurner Apple Music Converter」のソフトが必要になります。

ソフトは全てブラウザ上でダウンロードが可能です。

まずは準備としてブラウザ上で「NoteBurner Apple Music Converter」をダウンロードしてソフトを起動しておきましょう。

iTunesは自分のApple IDでログインして、ライブラリと同期しておく必要があります。

ではまず、Apple Music上でダウンロードした曲をMP3に変換する手順を説明します。

「NoteBurner Apple Music Converter」を起動して「追加」をクリックします。

1

すると、iTunesにある自分のライブラリと同期されます。曲の一覧からMP3に変換したい曲にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。

2

右上の歯車マークをクリックすると出力の設定画面に移ります。出力形式が「MP3」になっているか確認しましょう。

9

ここの操作では出力する音質やファイル名なども変更することが可能ですが、出力形式が「MP3」になっていれば他はそのままで大丈夫です。最後に右下の「変換」をクリックすれば変換が開始されます。

3

MP3形式の音楽をiPhoneに同期する

では次に、MP3に変換した音楽をiPhoneに同期させましょう。

方法はとても簡単です。

「NoteBurner Apple Music Converter」では、音楽データの変換の他、変換した音楽データをiPhoneに同期させることもできます。

「NoteBurner Apple Music Converter」のメニュー内にある「変換完了」から、MP3への変換が完了した曲を選択します。

4

左上の「アップロード&共有」をクリックすると、音楽のアップロード画面に移ります。後は下の「アップロード&共有」を選択して完了です。

5

この方法では、USBポートを使わずに音楽データをiPhoneに転送させるので、難しいPC操作が全く必要ありません。

機械に疎い方にはとてもおすすめです。

【Apple Music】データ通信量を節約する方法

前の章では、データ通信量を全く使わないApple Musicの使い方をご紹介しました。

しかし、PCを持っていない、もしくはそこまでするのは面倒だと思う方もいることでしょう。

そんな方のために、この章ではApple Musicでかかるデータ通信量を節約する方法をご紹介します。

音質を下げてみよう

高音質で音楽を聴くと、標準音質の約2倍ものデータ通信量を消費します。

Wi-Fi環境のない所で高音質を使い続ければ、あっという間に月のデータ容量をオーバーしてしまいます。

外出先や電車の中、田舎道などのWi-Fi環境がない所では、標準音質で音楽を聴くのがおすすめです。

音楽好きな方には少し物足りなさを感じるかもしれませんが、どうしても高音質で聴きたいという方は予め曲をダウンロードしておきましょう。

Wi-Fi環境のあるところで聴こう

一番の節約になるのは、Wi-Fi環境のある所でApple Musicを利用する方法です。

Wi-Fiに繋がっていればデータ通信量を気にせず好きなだけ曲を聴けます。

常にWi-Fi環境のある所での利用を心掛けていれば、それだけで高い節約効果が望めます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。